2018年9月20日木曜日

支援は、具体的に被害をつかんでこそ

 総裁三選だろうが、安倍政治を変える決意に変わりなし。今日は党の義援金お届けにまわり、清田区清田の土砂崩れ現場にも足を運びました。
 
 一昨日に胆振東部3町へ小池晃書記局長が届けたのに続き、今日は札幌市・北広島市・苫小牧市へ義援金を届けました。札幌市には青山慶二・党道委員長と市議団から村上仁・小形香織の両議員、北広島市には板垣恭彦・永井桃・山本博巳の市議、苫小牧市には西敏彦・党苫小牧地区委員長と小野寺幸恵・工藤良一・原啓司の市議とでお渡ししました。

 札幌市では岸光右・副市長が応対され「全国からの義援金とあわせて、被災者への支援に使わせていただきます」と述べられました。震度4を超える地震がなかった札幌市で、今も清田区や東区などで避難生活を強いられている現状があります。国の制度も活用して市民生活を支える旨のお話もあり、私からも「苦労されている市民の負担を軽くしていくために力を尽くします」と応じました。

 北広島市では、上野正三市長が時間を割いてくださいました。現状で被害総額は20億円と想定され、罹災証明も117件(19日現在)が申請されています。大曲並木地域を中心に、宅地も危険判定15・要注意18で引き続き19人が避難所で生活しています。上野市長からは「激甚災害の指定をお願いしたい」との話がありました。

 合わせて話題になったのは台風21号です。倒木が1660本、農業被害もビニールハウスを中心に88件の倒壊・損壊が出ています。コンテナの倒れ方や農作物の倒伏から、竜巻のような形状で一直線に進んだのではないかとの話もあるようです。いずれにしても連日の自然災害が被害を広げている面もあり、一体に国として支援するよう求めていきたいです。

 苫小牧市では、岩倉博文市長が応対してくださいました。80代と50代の方が地震のため亡くなり港湾にも被害が出ている状況ですが、市として厚真町などへ職員派遣をおこなっています。近隣自治体だけに事情もわかり、受け入れ自治体にとっても心強いのではないでしょうか。

 話題になった1つが、災害復旧は「現状復旧が基本」という点です。これまでと同じ復旧では、また災害に見舞われる恐れがあるのでかさ上げや防災措置を講じて工事をしようとすると、その分は国の支援がないという課題です。各自治体が工事費などを上乗せすることになりますが、これでは「国土強靭化」と言えど進みません。この課題の解決にも力を尽くすことを、私からも述べました。

 あらためて全国からの支援に、心から感謝を申し上げます。各地のご厚意が励ましになっています。今回は受ける側の北海道ですが、別の機会に支える側としてがんばりたいと思いました。

 さて、札幌市清田区は里塚だけでなく被害を受けている地域があります。清田区清田2条の清田通に面した渡部製作所さんを、吉岡ひろ子市議予定候補と訪れました。すでに吉岡さんには相談があり、私もいっしょに調査に行ったわけです。

 事務所もドアや窓が完全に閉まらないほど枠がゆがんだだけでなく、入ってすぐ建物全体が傾いているのがわかりました。ゆがみも広がっているといいます。2階が学生さんの下宿になっていて、立て直しも急がなければと話されていました。

 この事務所は数mほどのがけ地に経っていて、地震後は固めていたブロックも外れて土砂や大量の水も噴出しました。液状化ではないかと思われます。町内会の手伝いもあって土砂などは除かれていましたが、泥の跡が家の壁にも残っています。民有地だからと個人負担にするのでなく、市が災害危険箇所に指定しているところなので市の責任で進める問題ではないかと思いました。かかわる国の事業も見つけたので、すぐ党市議団事務局とも相談して手を打ってもらうことにしました。

 厚真町などでも、まだ被害の全容が掌握されていません。他の自治体でも、それは同様です。自治体だけでなく、ボランティアや市民の声で見つける現実も少なくありません。党のネットワークを生かして、ていねいに私たちも情報を集めて、少しでも苦難や負担を軽くできるようにしていきたいです。

 【今日の句】被災地で 距離を感じた 総裁選

2018年9月19日水曜日

共闘の力で必ず安倍政治を変えよう

  3年目の「9・19」、札幌でも総がかり集会が開かれました。今日一番コールが大きかったのは「被災地見捨てる総理はいらない」!
 
 安保法制=戦争法の「実績」づくりに向けた動きも報じられてきました。秋の臨時国会では、自民党として改憲案を提出すると安倍首相は述べています。しかし、世論調査をすれば反対のほうが多数。先日も南北朝鮮首脳会談が開かれて、北東アジア情勢が対話と外交の方向へ進んでいることから見ても、自衛隊に武器を持たせて海外へ出す理屈はどこにあるのでしょうか。日本の針路を危うくすることではないのでしょうか。

 3年前の、政府・与党の暴挙を忘れることなどできません。私も現職だったときで、夜中に国会前へ情勢報告に駆け回ったことを覚えています。そもそも集団的自衛権にかかわる解釈を変えたところからスタートしたわけで、ウソとごまかしの安倍政権の象徴ともいえるのが安保法制=戦争法。必ず政権を変えて、廃止しなければ!

 来年の参院選を待たずして退陣させるため、世論も広げていきたい。変える力は、市民と野党の共闘です。今日の集会とデモを通じて、その思いを強くしました。

 日中は会議の後に、定山渓観光協会と北農中央会を訪ねました。観光と農業は、北海道経済を支える大事な産業。地震と停電の影響は、いまだ尾を引いています。

 定山渓観光協会では、山田秀明常務理事(事務局長)が応対してくださいました。定山渓地域ではホテルなどに被害はなかったものの、停電が翌日まで続き調理設備やトイレが使えず、また札幌市中心地までのバスも止まったために多くの観光客が足止めとなった状況を教えてくださいました。「電気のリスク分散が必要ですね」とのお話に、同席した千葉なおこ市議予定候補とウンウンうなずきました。

 宿泊キャンセル26000人・損失3.3億円とのことですが、定山渓は紅葉の季節を迎える10月が繁忙期となります。「早く回復できるように、日帰り温泉の半額キャンペーンやクーポン付宿泊プランを、協会と組合の負担で始めました」とのことで、さっそく問い合わせも来ているそうです。経済や消費も、早く軌道にのるようにしたいですねと私も応じました。自家発電設備の備えや公営駐車場の新設などにも話が及びました。

 北農中央会では、現状における国への要請をうかがいました。台風と地震・停電が連続したことで、被害の掌握も現在進行中です。農業用倉庫の復旧はじめ、私も各地で聞いてきたことと一致する内容が並んだ要望項目。しっかり国政へ反映させると述べました。

 与党は補正予算を組むようですが、しっかり現場の要望に見合った中身にしていかなければいけません。安倍政権のもとでは、輸出力の強化や効率化・大規模化が盛り込まれなければ国の事業は使いにくい実態があります。過大な条件をつけずに農地復旧を、また規模の大小を問わずに使いやすい仕組みにすることが大事です。支援を必要とする農家やは多くいるのだから!

 明日は党中央委員会からの義援金を届けにまわる予定でいます。

 【今日の句】被災者に どれだけ総理 目を向けた

2018年9月18日火曜日

大停電を理由に原発再稼働なんて

 被災者支援とともに、北電が全道大停電を起こしたことの検証も進めなければなりません。ちょうど今日は道原発連(原発問題全道連絡会)の講演会があり、参加しました。講師は日本共産党原発・エネルギー問題対策委員の鈴木剛さんです。

 「なぜ大停電となったのか」は、道民の誰もが持つ疑問。停電になったことは日常生活の不便さを生んだにとどまらず、生産から流通、小売りのどの段階もストップさせ、酪農家が搾乳できず乳房炎や死亡が広がり、透析患者はじめ多くの医療的ケアを必要とする方々の不安を広げました。何より泊原発への外部電源が遮断されたため、使用済み核燃料を冷やすのに予備電源を使う事態にまでなったのでした。

 地震発生後は被災地・被災者支援に傾注して、大停電の影響や検証などは報道で知ることが多かった私。国会からの情報も届いてきたので、専門家の検証とあわせて、北海道からこの問題の追及と解決を進める力になりたい。

 北電は大停電の理由を「需給のバランスが崩れたから」と述べました。そのバランスを取るために、部分的に停電としてバランスを取っていくのが「電力会社のイロハ」と聞きましたが、バランスを崩したのは北電自身だったのではないのでしょうか。判断のミスか機械的なミスか、整理して説明するべきです。

 根本的には、厚真火力発電所に電力の半分を頼ってきた構造の問題があると思います。その考えは、泊原発の再稼働とつながっていると思います。一ヵ所による大規模発電は、今回のようなリスクも存在します。供給源を分散させていれば済むと思われますが、その努力を北電は進めてきたのでしょうか。投資分を、泊原発の再稼働に向けて充ててきたのが現実ではないのでしょうか。

 講師の鈴木さんも、電力供給についてリスク分散が必要ではないか、原発にせよ火力発電にせよ「一極集中」のあり方については検証が必要ではないかと触れられました。会場からの発言でも、停電の時間帯なども含めて北電の情報公開が欠かせないとの意見もありました。私からは厚真町など状況に触れつつ、国会と連携して北電に説明を求めていくことも発言しました。

 今回の事態を機に「泊原発の再稼働が必要だ」という発言もありますが、震度2でも外部電源が遮断されるのに、どうして原発の安心を確保できるというのでしょうか。エネルギーも地産地消へ向けた、分散型のネットワークを本格的に進めるときだと思います。

 今日は久しぶりに、札幌市内での宣伝にもとりくみました。昨日、小池晃書記局長が来道して義援金を届け、避難所で要求を聞いてきたことなどを報じた「しんぶん赤旗」の見本紙などもお渡ししました。なお今日の「しんぶん赤旗」には、清田区で聞いた住民の声、ボランティアセンターの現状なども報じています。

 自民党総裁選の真っ最中ですが、被災地をまわってきた実感からすると、とてもかけ離れた論戦をしている感があります(そもそも安倍首相の場合は、論戦にもなっていない発言も多い)。多くの被災者のなかでも、さらに社会的に立場の弱い方が、今回の地震でも負担や苦労を背負っています。そのような国民がいる現実に、応えているように思えません。

 大元から政治を変えたいと痛感する毎日です。

 【今日の句】原発を 冷やす電気も いるんだよ

2018年9月17日月曜日

全国の支援に感謝

 今日は小池晃書記局長が来道し、まず厚真町・安平町・むかわ町へと義援金をお届けしました。先だって札幌市清田区の視察もおこないました。

 全日程に紙智子参院議員、真下紀子道議と私が同行し、清田区では村上仁市議・吉岡ひろ子市議予定候補、厚真町では伊藤富志夫町議、安平町では三浦恵美子町議、むかわ町では北村修・大松紀美子・舞良喜久の各町議が加わりました。あらためて党地方議員の役割の大きさを実感した1日でもありました。
 初めに札幌市清田区里塚へ。私は現場に3度目となりますが、工法を決められないまま時間だけが過ぎてきていることに悔しい思いをします。専門家による調査が進められ、工法も決まるのが12月上旬という報道もあり、その間の生活・住居の支援は欠かせません。一人ひとりの願いに最大限こたえる体制も必要だと思います。市はワンストップの窓口を準備するようですが、しっかり応えられる体制をつくることを求めたい。

 日本共産党清田区委員会は、この連休中に里塚地域などの戸別訪問にまわって要望を聞くとともに党道委員会がつくった「制度活用の手引き」を届けています。その様子も事務所に行って小池さんらとうかがうと、今後の見通しについて不安が次々と出されたといいます。具体的な要望は1つ1つ実現していくように、行政などへの働きかけも急がなければいけません。

 むかわ町では、竹中喜之町長に義援金(目録)を手渡しました。町長さんからも具体的な要望を紙にまとめていただき、くらし支援や被災家屋撤去などの支援とともに、JR日高本線について「震災を機になくすようなことは認められません」と明確に述べられたことが心に残りました。実は先日、日高町の帰りに橋桁にヒビがあるという現場を見つけて調べてきた私。国交大臣から苫小牧ー鵡川間での支援が表明されているようですが、その先の区間だって元は自然災害によるものでした。災害を理由にした廃線をしないという姿勢を国として示すべきです。

 避難所になっている「四季の館」で避難された方から話を聞いた後、出る間際に大松町議が男性と話し込んでいました。先ほど避難所で話を聞いた男性でした。私も急いでいくと「男なのに泣いてごめん」とポロポロと涙を流されていました。話を聞いてくれたことが嬉しかったそうで、これまでガマンしてきたものがこみ上げてきたんです。胸が詰まりました。いっしょに力を合わせますから、と私からも述べました。みんな同じ被災者ということで、逆に語りにくいこともあるんだと思います。寄り添う支援の大事さを痛感しました。

 商店街を視察した後に党事務所で昼食をとりながら、あらためて地元の声を聞きました。「目が見えない障害者への支援が後回しになってしまう」「ガソリンスタンドは自家発電機を置くようにしてほしい」と具体的な要望が次々。ブラックアウトを引き起こした北電への不満も語られました。

 次にうかがった厚真町役場の前には、先日から献花台が設けられています。私たちも花を手向けご冥福をお祈りした後に、宮坂尚市朗町長に義援金を手渡しました。宮坂町長さんは町内の地図を広げて、とりわけ土砂崩れで犠牲の大きかった地域を詳しく説明され、今後の町の復旧に向けた国の支援を要請されました。小池さんも応じました。

 避難所でも、何度も来ていることもあって顔なじみとなった方もいて、あらためて健康状態などをうかがいました。もう10日を過ぎた避難所生活だけに、気丈にされているようでも疲れている様子も見えました。出てくる要望も、まだこれからも変わっていくと思います。こちらでも住まいの要望が強くなっていて、町長さんも町営住宅や「みなし仮設」とともに仮設住宅設置も検討しています。道や国の支援を強めて、早く安心できる住まいを確保することの必要性を痛感しました。

 土砂崩れのあった吉野地区へ。あらためて土砂の勢いに圧倒されます。ここでも花を手向け、ご冥福をお祈りしました。運搬トラックも入り少しずつ土砂撤去も進められていますが、全体から見れば本当に「少しずつ」です。まだ通行止めとなっていた地域もありました。また、このまわりは見事なまでの水田で、耕作されていたのに亡くなった方のものもあります。土砂が入り込んでいる水田もあります。農協でも検討しているようですが、行政としてできることはないか知恵も労力も出し合う必要があると思います。

 最後は安平町へ。商店街を視察した後に町役場で及川秀一郎町長に義援金を手渡し、現況をうかがうなかで町長室にも足を運ぶと「ずっとここで寝ています」と寝袋が! マラソン大会にも出て職員のなかでは一番体力があるんですと話されていましたが、とはいえお身体を大切になさってくださいと私からも述べさせてもらいました。本当に頭が下がる思いです。

 水道の復旧状況や全戸調査訪問の計画などとともに、町民に情報を伝えるための特別テレビチャンネルがあることを教えてくださいました。朝の役場の打合せもデジタル放送に乗せて(町内で視聴可能なのです)復旧情報をそのまま伝えるとともに、リモコンのdボタンを使えば各種情報なども使えるようにしていました。総務省の事業を使ったことが、いま生きているのだそうです。もちろん同時に広報を紙で届けることもしています。

 ボランティアセンターにもお邪魔しました。事前登録制をとっているため、来るときには支援内容がマッチングされて現場に来れているそうです。今日も各地でボランティアさんの姿を目にして、どれだけ町民は励まされているのだろうと感じました。このような力とともに、政治・行政が力を発揮することで本当の復興に進むのだとつくづく感じました。

 駆け足で4自治体をまわりましたが、何度か行ったところでも、支援や復旧はまさにこれからという状況と、あらためて感じました。この間の調査などで国などへも反映してはいますが、引き続き強めていきたい。今日は行けなかった自治体へも義援金をお届けすることにしてもいます。全国からのご支援に、本当に感謝でいっぱいです。

 まだまだ捉えきれていない要望があるかもしれません。党のネットワークを生かして、苦難を少しでも軽減できるように引き続きがんばります。

 【今日の句】今日こそは 余震ない夜 祈ってる

2018年9月16日日曜日

不安を和らげる力は

 さまざまな地震関連の相談も寄せられてきています。足を運んだのは、ちょうど保険会社がアパートの調査をしていたところの不動産賃貸業者さんです。

 道による調べだけでも、札幌でも956棟の建物被害が出ているといいます。今日うかがった方も、これから罹災証明を出すとのことなので実際の軒数はさらに増えていくでしょう。マンションやアパートなどは外壁などや共用部分は確認できますが、居住部分は居住者が気づかない場合もありますし、実態の把握は時間がかかると思います。何しろ数十人の命をあずかるマンションやアパートで、今後の地震などで被害が出ないようにと管理人や業者さんも心配です。とりあえず今日のところは保険会社の調査結果待ちとなりました。

 札幌東区で、党と後援会による「元気まつり」にも顔を出しました。紙智子参院議員に宮川潤動議、太田秀子・平岡大介の両市議ともあいさつし、来年の選挙に向けての決意も語りました。うれしいことに戦争させない北海道の風・共同代表の川原茂雄さんがメッセージを述べにきてくださいました。

 どの方と話しても、まず話題は地震のことに。「テレビが壊れて買いに行こうにも、家電量販店も店が閉まっている」「知り合いが心配で、家に様子を見に行ってきた」などなど、このような語り合いで心が落ち着くものなのかなと思いました。それは震源が近い地域でも同じで、ゆっくり話を聞くことも大事なんだと思うのです。

 行政でできることと、人のつながりでできること。それぞれを大事に、前へ進むように私も力を尽くしたい。

 明日も被災3町と清田区里塚へ足を運びます。

 【今日の句】連休を 楽しむことも 復興へ

2018年9月15日土曜日

台風・地震・天候不良で、今年の農作物は

 北海道は、地震の前日に台風21号が襲いました。複合災害とも言うべく状況は、特に農業に現れています。紙智子参院議員とまわりました。

 岩見沢市では村木秀雄農協組合長・山谷康雄農業委員会会長もわざわざ足を運んでいただき、党からは岩見沢市で上田久司市議、江別市では高橋典子市議と鈴木龍次地区委員長とが同行して農家に足を運びました。収穫や選果の合間をぬって、大変な状況を話してくださいました。

 強風は、さまざまな被害を生みました。▼ビニールハウスの損傷、▼ネギが曲がって段ボールに入らない規格外になったため廃棄、▼花卉も低価での引き取り、などです。写真はミニトマト農家ですが、ビニールが飛びトマトの葉が枯れてしまった状態にあります。これでは葉の光合成を受けた栄養がミニトマトに行かないため、品質が下がるといいます。ハウス被害は岩見沢農協で417棟に及ぶと、組合長さんから説明を受けました。

 しかも今年は、どの作物も「いいのがない」。低温や長雨の影響で、不稔や品質低下も心配されています。確かにコメも、垂れているのと、まだ青くまっすぐの稲が混在していました。刈り取る時期が難しいといいます。台風・地震とあわせて生育不良も加われば、今年は農家にとって三重苦です。

 江別市では、小麦やカボチャ、ブロッコリーなどをつくっている農家で話を聞きました。停電が2日続いたためブロッコリーを冷やすことができず、そのまま収穫できないと大きくなってしまい出荷できなかったといいます。お隣が酪農家で、搾乳しても廃棄せざるを得ませんでした。「こんな時にイージスアショアじゃないだろう」と、実感を込めて話されていました。そう、税金の使い方が間違っている。

 ちょうどホクホクしたカボチャも、一口いただきました。ほっこりする甘さです。「国からは国際競争ばかり押し付けられるけど、国民みんなから『食べるのに困らない』と言われるほうがいいんだけど」との話に納得です。

 共済と収入保険のことも、各地で話題になりました。ネギやミニトマトなどは共済にないので収入保険がいいかと言えば、複合経営の農家にとっては作物ごとの共済やナラシの充実がいい場合があり、いまだ現場では迷っている状況です。農家の自主選択を尊重するとともに、国が両制度を充実させることが必要です。

 紙議員とは北広島市大曲並木地域も訪れました。大曲川をはさんで札幌側から見ると、斜面が土台もろとも崩れているのが鮮明でした。専門家の早い調査と工法の検討、地歴はじめ過去の検証などは欠かせません。何より入居者の緊急の住まい確保を急ぐ必要があります。

 札幌では太田秀子市議と、東区の陥没した地域を見てまわりました。道路はほぼ復旧が進みましたが、歩道を歩くと所々で道路側へ斜めになっているのがわかります。札幌市でも専門家によるさらなる調査と、東豊線との因果関係を明らかにすることがなしに、市民の不安は取り除かれないのではないでしょうか。

 時間が経つにつれて、いろんな相談が事務所にも届いてきました。明日は相談を受けた現場にも足を運びます。

 【今日の句】目の前の ご飯に手合わせ いただきます

2018年9月14日金曜日

復旧へ向けて一歩ずつでも

 震度6弱を記録した日高町は、今も一部断水と避難が続いています。災害ゴミも集まり始め、その処理に対する心配の声が出ています。
 
 同行してくれた菊地日出夫町議の自宅も断水中で、真壁悦夫町議は土砂崩れの危険があって避難所くらしが続いています。そのなかでも住民要求に応える活動をと奮闘していることには、本当に頭が下がります。

 まずは、その真壁町議宅も対象地域となっている避難指示が出ている土砂崩れ危険地域へ。この斜面は土砂崩落対策も元々されていたのですが、写真のように浮かんできてもいます。この写真の上方に崩れる心配の斜面があり、そこを土台に野球場もあるのですがグラウンドにはひびも入っているのです。ひびが広がっているか、町は測定器もおいて専門家の判断を仰いでいる状態です。家のすぐ後ろなので大規模工事をする作業スペースもなく、いろんな策を検討中とのことです。

 続いて平賀地域へ。民家直撃は免れたものの、ここでも土砂崩れが起きています。菊地町議に教えられて思い出したのは、同じ集落で12年前に土砂崩れがあったこと。雨による土砂崩れで、私も現場に駆けつけていました。

 住民の方のお話では「地震と同時に山がずってきた」。「ずる」とは「どさっとずれる」というニュアンスですが、確かに滑り落ちたというより崩落してきたという印象です。避難のためにと車を出そうとしたら通路が埋まったため、倉庫の裏の木を切って(!)車を通る道をつくったとのこと。今は応急工事が進められていますが、余震が心配になります。お困りごとがあったら教えてくださいの、制度活用の手引きもお渡ししました。

 大鷹千秋町長も、わざわざ時間を割いてくださいました。先に書いた土砂崩れの恐れのある地域は専門家の検証も進んでいるとのことで、断水も水道管にエアが入って抜くのに苦労しているそうですが具体的な対策を進めていることもうかがいました。国への要望では、激甚災害の指定とともに「災害ゴミ」についてがあるとのこと。環境省で補助率1/2の事業があるのですが、日高町では現在だけでも可燃ごみ50トン・木くず(家具など含む)1350トン・不燃ごみ1450トンもの処理をしなければいけないのです。家電製品でリサイクル費用が発生するものは、町の負担でおこなうとのこと。冷蔵庫なら小型3600円・大型4600円でしょうか。その台数分を町で負担するということです。

 それでは早速と、災害ゴミ集積場にと足を運びました。何と木くず(多くは家具製品)や冷蔵庫の多いこと! 木くずは山のようになっています。いま1ヵ所に集約中とのことなので、かなり大きな山となるでしょう。冷蔵庫も小型100台分なら36万円となります。それだけ室内での家具損壊が大きかったことの現れでもあります。新しい家具や家電製品を買うのに、苦労される家庭が多く出てしまうのではないかと心配です。

 この集積場の隣には、自衛隊による仮設風呂があり準備中の室内も見学させてもらいました。シャワーも湯船もあり数人ずつですが快適な環境で入れるようです。余談ですが、こちらには帯広の師団が来ていて「熊乃湯」という名前もついていました。各師団ごとに名前が違うということも教えてもらいました。

 被災した商店や沙流川堤防などもまわりましたが、ある商店で「この機に店を閉めることにしました」との話を聞くと寂しい思いにもなります。地震さえなければ、これまでと同じような生活ができていたはずなのに。自然災害を止めることはできませんが、明日を前向きに迎えられるよう政治が役割を発揮できないか。今日聞いてきた中身もまとめて、しっかり反映させていきたい。

 【今日の句】オスプレイ買う分 やっぱり被災地へ