2018年11月15日木曜日

燃油高騰対策を急いで

 燃油高騰対策の強化を! 今後の価格について見通せないなか、国の果たす役割が大きくなっています。道経産局へ足をはこんで要請しました。

 参加者は私のほか、菊地よう子・佐野弘美の両道議、村上仁・伊藤りち子(道議予定候補)の両札幌市議、森つねと(中央区)・橋本みか(厚別区)の両道議予定候補、青山慶二党道委員長。道経産局からは、資源エネルギー環境部から清野正樹資源・燃料課長らが対応してくださいました。

 要請項目は大きく3つ。①経済産業省、道経済産業局として緊急対策を講じること(価格動向の監視、石油元売会社への指導・要請、セーフティーネット貸付の拡充など)、②関係省庁や道、市町村と連携し、冬を乗り切る対策の実施(価格や影響の調査、業種別対策、被災地支援、福祉灯油などへの助成など)、③化石燃料への依存低減施策の推進(再生可能エネルギーの推進、あらゆる分野での省エネ、送電網の整備など)。

 清野課長からは、市場における民間の取引であることを前提にしつつも、増産や輸入量の要請や価格の注視については適正な対応をすると述べられました。さまざまな事業の活用、関係部署へにも伝えることなどに加え、全域停電の対応にも話は及び「川上から川下までの問題を浮き彫りにする」うえでの検討を進めるとの回答もありました。

 参加者そろって、くらしや商売で聞いた声を代弁しました。しっかりメモも取ってもらい、あらためて清野課長からも、しっかりした対応が約束されました。私からも重ねて「道民のくらしと産業にかかわり課題だけに、積極的な対策をしてほしい」と強調しました。

 道内では、福祉灯油の支給を始めた自治体も出てきています。10年前の高騰時には、国も特別交付税を措置して全道的な福祉灯油実施の後押しとなりました。昨日の報道では道生協連などの団体も、道などへ要請をしています。このような実態を、しっかりふまえてほしい。くらしは、だんだんと厳しくなっているのだから!

 夜は札幌弁護士会が主催した「憲法改正をめぐる情勢と『国民投票法』」の講演企画に参加。講師は愛媛大学の井口秀作教授で、わかりやすく改憲情勢について話されました。安倍首相がめざす改憲は、それ自体が大問題ですが、その手続きとされる「国民投票法」=改憲手続き法も多くの問題点が指摘されてきました。最低投票の定めのないことや、スポットCMが資金力のある勢力に有利に働くのではないかということなどです。

 だからこそ法の改定や、発議を遅らせる戦略として改定を位置づけるなどの考えもありますが、憲法審査会を動かそうという政府・与党のねらいとも重なります。そもそも、いま急ぐべきは立憲主義の回復です。改憲そのものも、世論調査では国民多数が望んでいる項目でもありません。政府・与党が身勝手な土俵づくりをしようとも、それに乗るようなことをしなくていいのでは。

 臨時国会の日程も窮屈にはなっていますが、立憲政治の常識とかけ離れていても強行してきたのが安倍政権下での数年間でした。油断はできません。食い止める力は世論と共闘。しっかり学びあうことの大切さを実感した企画ともなりました。準備された札幌弁護士会には、心から感謝!

 ちなみに来年1月には自民・立憲・共産の国会議員を招いた企画も準備されているそうです。多くの方に参加していただいて、冷静な目で、暴走首相の改憲を止める力が広がればと願っています。もちろん私もがんばります!

 【今日の句】厳寒の地にも ぬくもり届くよう

2018年11月14日水曜日

寒さが本格化する前に

 高すぎる国民健康保険料(税)の引き下げを! 党として発表した政策(こちら)をもって、今日は生活と健康を守る会に足をはこびました。

 生活と健康を守る会は、人間らしく生きること=生存権の保障を求めて運動してきました。生活保護行政に対する運動だけでなく、北海道では、国民健康保険制度の改善・充実の運動も進めてきています。これも生存権保障にとっては必要なことだからです。

 全国にくらべても保険料が高く、資格証の発行も多いのが札幌の特徴です。道への一元化によって保険料は全体として引き下がりましたが、激変緩和策としての繰り入れが減らされていけば保険料があがる可能性があります。そもそも高い水準であることは違いありません。

 今回の政策の特徴は、1つに「1兆円の公費負担増」です。これは全国知事会が求めているもので、日本共産党も賛成です。そうすれば保険料は協会けんぽ並みに引き下げることができます。

 2つには、「均等割」「平等割(世帯割)」の廃止です。家族が増えれば保険料は増えるのなら、子育て支援にも逆行します。人頭税のような時代錯誤の税制はやめるときでしょう。

 これを実行すれば保険料は大幅に引き下がります。札幌市の場合で試算すれば、給与年収400万円・4人家族で約41万円→約28万円、給与年収240万円・単身者で約20万円→約14万円となります。協会けんぽ並みに近づきます。

 無慈悲な保険証取り上げや強権的な差し押さえをやめるため、根拠とされる国保法9条の改正も提案しています。低所得者が多い国保加入者にとって、保険料は「払いたくても払えない」「払ったら病院に行く金がない」という方が多いのが実態です。もっと血の通った行政にすべきなんです。

 懇談のなかでは「スッキリして、わかりやすい」「全国知事会が要求しているのだから、大きな運動ができるのでは」との話に及びました。現行の軽減制度がどうなるか、これまでの運動の振り返りなどもあって、私のほうも勉強になりました。会としても12月に道へ交渉をする予定とのことなので、制度の充実へ進むよう連携を進めたい。

 くらしの問題では、高騰する灯油代についても話題になりました。ちょうど明日、党として道経産局へ要請する予定もあるので、あらためて実態をうかがったのです。冬の訪れが遅い今年ですが、母子家庭で「毛布かぶって寝てなさい」と子どもに言ってストーブ使用をガマンしているとの話もあるとのこと。生活保護を使っていないギリギリの世帯が大変になっているという話を、切迫感をもって受け止めました。明日の交渉にも反映させます。

 いろんな課題も見つかり、国会や道議会との連携も急がなければ。旭川や稚内で初雪も降り、寒さも本格化します。せめて政治は、あたたかいものであるべきだと痛感しています。

 【今日の句】ぬくもりを 総理に感じた ことはなく

2018年11月13日火曜日

姑息すぎる

 米ペンス副大統領が「協定は物品だけでなくサービスも含めた」FTAであることを述べているのに、安倍首相はTAGと言い張る始末。これで外交として通用するのか!

 菅官房長官は「包括的なFTAとは異なる」としつつも「日米間の認識の齟齬(そご)はない」とも述べていて、それなら中身はFTAと言ってるようなもの。それを違う言い方でごまかそうだなんて、姑息すぎませんか。

 TPP以上にしないと言いつつも、多くの農家は信じていないでしょう。これまで何度もウソをつかれてきた歴史があるからです。そもそも自民党は、選挙のときに「TPP反対」というポスターを貼っていたのではなかったか。農産物を犠牲にする貿易交渉は、いい加減あらためるべきです。

 前回の参院選で、北海道や東北・北信越地方を中心とした農業を基幹産業とする県で野党候補が相次いで勝利したことを忘れたのでしょうか。食料や農業を守るためにも野党共闘を。来年も審判をくださなければなりません。

 【今日の句】その嘘は きっと審判 くだされる

2018年11月12日月曜日

伊達議長との思い出

 毎月11日(今月は12日)におこなっている原発問題全道連絡会の宣伝に、久しぶりに参加しました。まだ札幌の日中は、それほど寒くありません。

 宣伝が終わった後に、泊原発再稼働の反対署名を3人分集めて持ってきてくださった方がいてビックリ! 渡していたチラシのなかに署名用紙も折り込んでいたのですが、それに書いてくださったんです。原発をやめてほしいという声は、やっぱり広くあるんだと実感しました。

 今なお福島では故郷に帰れない方がいます。7年8ヵ月も経っているのに、です。使用済み核燃料の最終処分方法も決まっていません。過酷事故を二度とくり返さないなら、原発そのものを稼働させないことが一番。代替エネルギーや省エネの徹底など、やれることは山ほどあります。あとは政治決断のみ。だから署名の力が大事です。

 これまで泊原発には何億円が使われてきたのでしょう。その間、道民には二度の料金値上げが押しつけられました。経営からしても重荷になっている泊原発は、スッキリあきらめたほうが北電のためにもいいのでは。国の根本姿勢も変えなければいけません。

 今日は定例の街頭宣伝日でもありました。チラシを配っているスタッフへの激励もいただきました。予算委員会が終われば国会のテレビ中継はなくなるため、いまひとつ問題点や論戦の状況も伝わりにくいもの。こういう時に、地道に伝えていく活動の大事さを痛感します。

 さて、自民党・伊達忠一参院議員(参議院議長)が来年の参院選には出馬しないことを明らかにされました。伊達議長のことで覚えているのは、私が初出馬した2007年の参院選。選挙区候補の討論会が終わったあとに、同じく候補者だった伊達議長が「共産党はよく勉強しているなあ」と話されていたことです。たぶん、ご本人は覚えていらっしゃらないでしょう。まだ新人の私にとっては、うれしい一言でもありました。

 衆議院議員に当選してからは院が違うこともあり、ほとんど話す機会もありませんでした。党は違えど、長く政治活動を続けてこられたうえに三権の長としての大役にはご苦労もあったかもしれません(もちろん議会運営には党として多くの意見を述べています)。国会会期末に日をまたぐ本会議も多い参議院だけに、本当におつかれさまでした。

 ともかくも、来年の参院選は安倍政権をかえる大事な選挙戦になります。どのような方々が立候補しようとも、私は地に足のついた訴えを続けてがんばりたい。

 【今日の句】ずいぶんと 前に雪虫 見たけれど

2018年11月11日日曜日

青年と希望を、介護に笑顔を

 旭川市長選は日本共産党も支持した西川まさひと候補に当選確実! ご支援ありがとうございました。私は、今日は札幌市での活動でした。

 民青同盟北海道委員会の代表者会議があり、党を代表して一言あいさつ。民青は今月、全国大会を予定しています。その大会代議員を選び、この1年の活動をふりかえる大事な会議なのです。青年たちのまっすぐな視線を受けると、毎回いつも緊張しながらのあいさつです。

 私からは米国中間選挙で、女性や若者、少数者と呼ばれる立場の候補が当選したことを紹介して、民青の学びが世界の大きな流れにつながっていることを話しました。一人ひとりの尊重という価値観から、反対の道を歩む安倍政権をいっしょに変えようと呼びかけました。

 時間の関係で青年たちの話を聞けませんでしたが、きっと希望につながる交流をしたのではないかと思います。学ぶこととつながることは、未来を切りひらく力になる。青年と希望を語り合いたいと、あらためて感じました。

 今日11月11日は「いい介護の日」ということで、集会とパレードをおこなう札幌駅へも向かいました。主催は「介護に笑顔を! 北海道連絡会」。イメージカラーのオレンジを身に付けて参加をとのことなので、オレンジ色のねじり風船を持参して参加しました。

 働く立場で、利用する立場で、とそれぞれのスピーチがありました。参加者からのスピーチということで、私も一言あいさつさせていただきました。みんな共通していたのは「政府は現場の実態を知ってほしい」ということ。国の職員も政治家も視察などはしてるでしょうが、どれだけ施策に反映されているのでしょうか。橘さんが「体の半分が動かないのに、介護度が下がる見込みと言われた」とのスピーチには驚きました。こんな介護保険制度でいいのか!

 福祉保育労の岡さんが、自分の母が認知症になり「お母さん」と呼んでも理解できないのに、職員から「せつこさん」と呼ばれると返事をするんだと紹介して、「一人ひとりを尊重することの大事さがわかりました」とのスピーチは心にしみました。誰もが笑顔でくらしたい、それは介護現場であっても同じはず。血の通った行政が求められていると痛感しました。

 札幌駅前から大通公園までアピールして歩き、最後は参加者みんなで記念撮影。あたたかさがあふれる行動に、私も元気をもらいました。

 【今日の句】切り捨てて 総理は心 痛まぬか 

2018年11月10日土曜日

なぜボルト8本が抜けたのか

 故意か、偶然か。いずれにしてもJR北海道の責任は重い。安全輸送が最優先と、道民の前で表明したのではなかったのか。

 昨日の強風で倒れたのかと思われた、新札幌駅構内での信号機。高さ約5m、支柱も含めた重さは約220kg。強風による倒壊というより、ボルト8本が抜けていたというから驚きです。9月には目視で確認していたということですが、それでは現場で何が起きたというのでしょうか。

 新札幌駅は昨年、JR高架からコンクリが落下がした駅でもありました。特急や快速エアポートなどが通過する駅だけに、安全性が厳しく問われていたはずです。ところが今回の信号機倒壊。重大インシデントとして国の運輸安全委員会も認定し、調査官を派遣するに至りましたが、徹底的な解明が求められます。

 先日、JR北海道の9月連結中間決算も発表されました。営業損益が過去最悪の赤字170億円になったとのこと。にっちもさっちもいかない状況ですが、そもそも国鉄の分割民営化のとき積んだ基金の運用益が、低金利のもとで見込めなくなったのが歴史的な要因です。その傾向は国もわかっていたはずですから、責任はきわめて重い。弥縫策ではない、根本的な対策が求められます。日本共産党は提言を発表しています。こちらを参照ください。

 いずれにしても看過できない今回の信号機倒壊。列車が走っているときなら大惨事になりかねません。公共交通の役割を担う企業として真剣に受け止めるとともに、国が安全輸送へ責任を負うことも明確にすべきだと思います。

 【今日の句】鉄道の安全 破壊は誰のせい

2018年11月9日金曜日

町づくりに率直な意見交換

 今日も強風の苫小牧。それでも宣伝に駆けつけてくださったり、つどいには教え子のお母さんも来てくださり本当にありがたい!

 写真で、あまりの強風に(少し雨も降っていて)顔がこわばっているのがわかるでしょうか。雨にも風にも負けず、松橋ちはる道議予定候補も力を込めて訴え。宣伝カーでまわっているときは、冨岡隆市議が支持者宅を案内していただきました。広い道内だけに、お一人お一人に会えることは大事にしたい。実家が苫小牧市にある安平町・三浦恵美子町議も駆けつけてくれたことにも感謝です。

 つどいを開いた日新町の団地は、ちょうど窓の向こうに市立明倫中学校が見えました。ここで2年間、教壇に立っていた私。失敗ばかりの教師生活だったと反省しきりなのですが、クラスの教え子のお母さんが来てくださってビックリ! 名前を聞いて娘さんと顔が重なり、やっぱり親子だな~としみじみ。娘さんは、いま介護職だということで元気にがんばる姿を想像して嬉しくなりました。

 つどいでは胆振東部地震のことも話題に。参加された男性は当時、市内の病院にいたそうですが、採血のときの看護師さんが厚真町出身だったとのこと。「帰りたいべ」と一言声をかけたら、ぽろぽろ涙を流されたそうです。その後は声をかけることもできず、この男性は「どうか仕事を調整して戻れるような仕組みはできないものか」と切々と話されました。

 直接に被害を受けた方も、ふるさとを心配された方も、ひとしく苦しい思いを抱えた2ヶ月だったと思います。その思いをため込まず口にすることで、少しは心の重石が取れてきます。そのような支援も必要だと、仮設住宅をまわった時も実感しました。住宅や生活の支援とともに、心を支えていくことも必要なんです。

 懇談にもまわりました。苫小牧信用金庫では特別顧問の窪田護さんが、対応してくださいました。苫信は今年で設立70年。その多くの年月を過ごしてきた窪田さんだけに、次から次へと地域経済や地域社会の発展に向けた話が飛び出します。

 特に意見が一致したのが、中核市などで「知の拠点」とつくる重要性。窪田さんは「大都市に大学が集中しすぎている。ヨーロッパは各地に大学があって、町づくりともつながっている」と強調されていました。特に北海道は中小企業・小規模事業所が多いだけに、研究や技術開発での支援は独自の位置づけをもって連携していくことが必要だと私も感じてきました。衆議院議員のときにオランダを視察して、その思いが強くなりました。

 いま政府は、事業承継への支援を強めています。それはそれで大事ですが、一方で承継に向けた自力をつける=「知の拠点」と連携していくことも両輪で進めることが大事ではないのか。それがうまくいけば、地域経済や地域の雇用も展望が見えてくると思うのです。

 商店街振興組合連合会にも足をはこびました。秋山集一理事長さんらが時間を割いてくださいました。どの町もそうですが大型店出店に、商店街としての維持・発展には苦労しています。「地域の中小商店が生き残れる仕組みを」との話に、私からは地域一体で商店街を守っていくとりくみと、ヨーロッパを例に国として位置づけを明確にすることが大事ですと応じました。

 消費税増税やIR=カジノ誘致の影響についても、率直にうかがいました。どちらも具体的な対策が見えないだけに、秋山理事長さんは慎重にお話をされつつも「IRが町の発展のためなのか、一部の企業のためなのかは見ていく必要があるのではないかと思います」と述べました。利益は企業に・リスクは市民にと向けられたら、確かにたまったものではありません。

 経済政策は、万人が少しずつでも利益を享受しあい生活が豊かになっていくことが基本だと思います。しかしカジノは、誰かの不幸のうえに成り立って利益も生まれます。無人島にカジノをつくってチャーター船にのって大金持ちだけが行くというのなら、百歩譲って話はわかりますが、実際は多くの市民・道民が来ることが想定されています。ギャンブル依存症もインフラ整備の費用も、結局ツケは市民・道民にまわらないのか。いま市で地域説明会が開かれているそうですが、そのような質問も出されているといいます。

 各報道機関へのあいさつもおこない、フルに宣伝カーからも訴えて苫小牧での2日間の活動を終えました。多くのことを学べたし、さっそく国へ反映もしていきたい。

 【今日の句】地域には きらりと光る 宝ある