2017年4月26日水曜日

一大臣の問題にとどまらない

 今村・前復興大臣の発言に野党は猛抗議、ちょうど福島県農民連の政府交渉があり同席しましたが怒りの声! 夜は東京農工大民青班の新歓企画へ。

 自民・二階幹事長は報道の仕方が問題のように発言したみたいですが、首相みずから「極めて不適切」と認めているのですよ。

 その安倍首相も、今村氏が「自主避難は自己責任」と発言したときは擁護したわけで、あの時に辞めさせていれば「極めて不適切」な発言もなかったわけですから、首相自身の責任も問われている!

 安倍首相に直接問う予算委員会の開会を野党は要求し、与党からも見通しの話が出たことで、明日の衆院復興特別委員会で新大臣の所信を聴取するのを機に、各委員会での審議も再開していく見込みです。

 一大臣の問題にとどまらない、安倍政権の根本的問題として見る必要があると思います。

 福島県農民連のみなさんの発言が、その通りだと思いました。

 「結局、政府は福島の切り捨てなんだろ。その本音が出たんだろ!」

 もう6年間も、わざわざ東京に来て政府と東電へ訴えてきました。

 私が議員になる前から、実態を訴え続け、たたかい続けたみなさんです。

 回答する官僚は配置変えがあるかもしれませんが、現地は誰にも変われない、生きるためにたたかい続けた6年間――。

 その発言の重みを、もちろん私も、何より政府全体として受け止めるべき!

 首相だって記者会見で「東日本大震災からの復興は、安倍政権の最優先課題」とまで言っているのだから!
夜は学生たちと食料と農業と未来を語り合い、彼らの学ぶ意欲に私も刺激を受けたり、「若いって本当にうらやましい!」と思ったり……。

 【今日の句】 なぜ総理 暴言許した あの時に

2017年4月25日火曜日

やっぱり安倍政権、早く終わらせたい

 昨日書いた矢先に、諫早干拓問題で山本農水相が「控訴しない」と発表!‥‥の後に今村復興相が再びの暴言! 辞任当然!

 震災が「東北で良かった」だなんて、石巻市出身の私からすれば個人的にも、そして多くの方が亡くなり今も苦しむなかで、社会的に政治的にも到底許される発言ではない。

 さらにさらに、福島からの避難は「自己責任」であるとの発言をした後だけに、二重三重に大臣としての資格が問われるのは当然ですよ。

 辞任の意向とも、事実上の更迭とも報じられていますが、ことの本質は安倍政権全体の震災復興に「本音」ではないかと思えるし、首相自身の任命責任も問われるのではないでしょうか。

 明日、参議院復興特別委員会では福島特措法改正案が審議される予定でしたが、今村大臣のもとで提出法案を認めるわけことも納得できない。

 衆議院では、明後日に復興特別委員会が予定されていますが、大臣辞任となれば所信質疑から質さなければなりません。

 今村復興相だけでなく、大臣の相次ぐ暴言に政務三役の不祥事‥‥やっぱり安倍政権を、早く終わらせなければ!

 諫早干拓問題ですが、福岡高裁での確定判決があるにもかかわらず、国が開門をせずに制裁金まで課せられて、これで責任を果たしていると言えるのか。

 大臣談話には、次のように書かれています。

 「‥‥問題を解決するには、国として、今後の基本的な考え方を明確にする必要があると判断するに至りました。

 国としては、諫早湾周辺の農業者、地域住民等が抱える将来の農業経営や日常生活の安全・安心に対する不安を払拭するとともに、漁業者を始めとする有明海沿岸の関係者に共通する思いである有明海の再生を速やかに進めるため、改めて開門によらない基金による和解を目指すことが本件の問題解決の最良の方策と考えます。

 その実現のため、国として開門しないとの方針を明確にして臨むこととし、今般の判決を受け入れ、控訴しないことにしました。‥‥」

 開門できない理由として、農業者や地域住民等の理解と協力を得られなかったことを理由としていますが、開門によらない和解が今度は漁業者側の理解を得られるのでしょうか。

 昨日も国会へ、漁師の方が訴えておられました。

 「昔の人は『泉水海』と呼んでいたほど、豊かな海だった。

 しかし、アサリもタイラギも漁ができなくなり、産卵に来るはずのコハダも諫早湾に入れない。

 アサリは経費もかからず採れたから、アサリが採れなくなれば漁業者がやめて当然だ」

 前の時には、色落ちしたノリも見せてもらいました。

 有明海の再生は、今回の談話のなかでも「共通する思い」と国も認めています。

 その立場で国ががんばるならば、有明原告団による農漁・防災が可能な提案を、どう考えているのか。

 本当に腹が立って腹が立って仕方ないのですが、いちばん悔しい思いをしているのは20年間たたかってきた漁業者のみなさんだと思います。

 とはいえ福岡高裁の確定判決が消えるわけでもないし、国の果たす責任がいっそう重くなったことは間違いありません。

 談話では「真摯に努力」というけれど、「想定問答」のような抑え込みなど到底許されない!

 【今日の句】 国民の 痛み知らない 大臣いらぬ

2017年4月24日月曜日

司法まで乱用するのか

 消費税廃止各界連絡会の宣伝を終えて「よみがえれ!有明」院内集会へ直行。国が敗訴判決に対して控訴しない?との報道もあり、情勢は緊迫しています。

長崎地裁が4月17日に、開門差し止めを認める判決を国にくだしました。

 控訴期限は5月1日。

 何度も書いてきたように、有明訴訟については2010年に福岡高裁の確定判決があります。

 3年以内に諫早干拓潮受け堤防排水門を5年間継続して開放するよう、命じた判決です。

 この判決を履行しないまま、国には制裁金が課せられて払い続けるという異常事態が続いています。

 この確定判決を無効化させるつもりなのか、国が長崎地裁の判決に対して控訴しないという報道が流れたのです。

 集団的自衛権容認の閣議決定が典型ですが、安倍政権は「新しい情勢」ならば(「新しい情勢」を口実に)、これまでの解釈や決定を変えることは当然とする政権です。

 今回も同じようなことを、するのではないか。

 つまりは、自分たちの都合のいいように裁判結果までも悪用するということ。

 あの「ギロチン」から20年が経ち、この間も報道が特集記事を組むなかで、事態打開のために国が責任を果たすべきとの論調が多数になっています。

 その責任を果たすどころか、司法の乱用だなんて!

 安倍政治を終わらせる理由は、このような場面でも明確です!

 【今日の句】 司法まで 乱用しても 恥じぬのか

2017年4月23日日曜日

元気と確信の演説会

 小池晃書記局長を招いた札幌演説会は超満員! 全道の小選挙区予定候補と合わせて私も紹介され、安倍政権を変えようと訴えました。

 私からは、道内でオスプレイ訓練が予定されていることに防衛省へ中止を求めたこと、農業での新しい共同の動きも紹介して「新しい政治はつくれる」確信を話しました。

 だから日本共産党を大きくしてほしいし、総選挙では比例複数議席の実現、小選挙区でも勝利を!と呼びかけ。

 小池さんは国会情勢と党の政策、市民と野党の共闘を文字通り縦横に話し、演説会後の握手でも「小池さんの演説最高!」と笑顔で握手を求める方も!

 ひどい政権だと誰もが感じているなかで、共闘の成功と日本共産党の躍進こそが政治を変える力だと参加された方は確信になったのではないでしょうか。

 小池さんにはJR北海道問題でも一定の見解を話していただきました。

 それにしても演説会に、こうやって足を運んでくださる方がいることが本当にありがたい。

 釧路市、浦川町、余市町、千歳市などなどからも参加いただき、しばらくぶりにお会いできたことも嬉しかった。

 私も元気をもらい、ただいま東京に向かっている上空(機内Wi-Fiを使っています)。

 明日からも忙しい1週間が確定?していますが、元気に国会でがんばります。

 【今日の句】 支えあい きっと未来は 開かれる

2017年4月21日金曜日

どの空にも飛ぶな、飛ばすな

 防衛省は明らかにしていませんが、矢臼別演習場などでの日米共同訓練にオスプレイ! 紙智子議員秘書と中止を求めました。

 北海道新聞で上記の報道がされ、矢臼別のみならず北海道大演習場でも予定とのこと。

 事実の確認を求めると、今年度の訓練については近々発表と防衛省。

 地方自治体への連絡は、今日来た職員とは違う部局のため承知していないとのことでしたが、大抵は1~2週間前には連絡がされるだろうとのことで、近々の発表なら近々の連絡があるものと思われます。

 沖縄での墜落(なお今日の職員も、まだ「不時着」と言ってました)があった後、長野で先月にオスプレイの訓練がされていますが、次々と全国でも訓練を進めるとは到底容認できない。

 矢臼別演習場では4年前、米軍のりゅう弾砲が場外着弾し、住民や自治体の不安があるなかで再開したという、これまた許されないようなことがあったのです。

 いつも国は沖縄の負担軽減を理由に持ち出しますが、何も軽減されてないし、ますます全国に訓練を分散させているだけではないのか。

 米国にモノ言えず、軍事的一体化へ突き進む安倍政権!

 オスプレイは沖縄でも、日本のどこにも必要ない!

 今日は経産委員会が流会となったものの、法案審査や本会議、来週の質問準備と慌ただしさは変わらず。

 夕方に函館の紺谷市議が、ひょっこりと顔を出してくださり、しばし歓談。

 北海道への帰りの飛行機に乗り、着いたら、さ、寒い!

 東京が連日の夏日だったので、体には気をつけないと。

 【今日の句】 押し付けの オスプレイなど 断固拒否

2017年4月20日木曜日

強権の内実はもろいもの

 今日は農水委員会、明日は経産委員会‥‥のはずが、政務官辞任問題をめぐり参議院の経産委員会が開かれず。で、明日は‥‥?

 広報上は明日9時から委員会とセットしているのですが、衆議院経産委員会も開かれない見込みと連絡が入りました。

 毎週のように大臣の暴言や、政務三役の問題が噴出する異常事態。

 「それなのに、どうして支持率が高いのかねぇ」と、ある集まりで言われました。

 しかし、生活や経済は良くならないし、青年たちは体も心もボロボロになる働き方。

 「何かおかしい」と感じている人は、きっと多いはず。

 「でも、これって自分だけかな? 自分のせいかな?‥‥と思っている人が多いはず。

 だから、政治について気軽に話せる場があれば、一緒に声をあげられる」

 そう話してくれたのは、札幌のユニキタのメンバーや、いっしょに活動している若手弁護士さん。

 矛盾が広がっているから、答弁をごまかしたり、強権的な運営で押さえつけるしか方法がない、政権の弱さの表れなんですよね。

 明日の委員会で予定していた質問は、何かの機会に取っておこう。

 実は昨年のTPP特別委員会などと合わせて、今回のように「幻の質問原稿」となる機会が多い私‥‥。

 そんなことより、こんな安倍政権を早く終わらせないと!

 【今日の句】 政治不信 広げたことも 許されず

2017年4月19日水曜日

そんな採決あるか、再び

 私は経産委員会で質問してるさなか、法務委員会では「共謀罪」法案質疑に。野党が認めない答弁者を、与党が採決で決める前代未聞!

 少し答弁者について触れておくと、前日に質問者から通告と合わせて答弁者を求めます。

 総理入り質疑の場合は総理を中心に、質疑に関係する大臣(もしくは副大臣・政務官)などに答弁を求め、制度の詳細や具体的事実の確認などは政府参考人(各省庁官僚など)とするのが一般的ですが、いずれにせよ質問者の求めがあって当日の答弁登録がされます。

 よく質問者が総理へ答弁を求めているのに大臣が答える場面を見たことがあると思いますが、理屈としては「法案に関する大臣なので」と委員長が指名する、というわけです。

 しかし今日の法務委員会で起きたことは、理事会で刑事局長の出席を野党は求めていないのに、委員長が職権で採決を決めて賛成多数により出席を認めたのです。

 これによって、総理や金田法相が代わりに答弁に立つこととなったわけですが、本来は法案提出に責任を負うのが総理や大臣であり、その責任で答弁を求めているのに!

 先日の厚労委員会では、総理への質問内容を理由に質疑を打ち切り採決強行ということまであり、与党の一方的・強権的な国会運営がひどすぎる。

 ぜひ多くの方に知ってほしいし、国会でも厳しく対峙していきたい。

 今日の私の質問は、外為法改正法案に関する質疑でした。

 安倍政権は「国是」としてきた武器輸出三原則を2014年に見直し、武器部品など輸出できることを原則に変えてしまいました。

 それ以降の輸出件数を聞くと6件で、その最初の件であるペトリオットPAC-2を取り上げました。

 結論を書けば、米国に部品を輸出するので最終需要者は米国と思われますが、できたPAC-2が移転・輸出されることは、責任が米国にある範囲でとなるため、実態は紛争当事国まで輸出される可能性は否定できないわけです。

 これでは日本が武器輸出の「死の商人」となるではないか、そもそも原則を変えたからではないかと私が質問したことに、世耕大臣は「平和国家としては変わりない、これまでと運用面でも変わりない」と強弁。

 今回の法案は、限定された規制等の範囲なので賛成しましたが、根本となる政権の姿勢は引き続き追及することを表明しました。

 やっぱり根本から政治を変えないと!

 【今日の句】 国会の 合意形成 どこ行った