2018年6月18日月曜日

人命優先、不安解消への手立てを


 近畿地方での地震で3人が亡くなられるなど、大きな被害が出ました。心からお悔やみと、お見舞いを申し上げます。

 今朝は定例の朝宣伝の日。始めようとする前にニュースをチェックしていたら、地震速報が飛び込んできました。まだ被害の現状はわからないときでしたが、国が全容の掌握と人命優先の対応をと街頭から求めました。

 ブロック塀の倒壊で、9歳の小学生など犠牲が出たことに心が痛みます。すぐ頭に浮かんだのが1978年の宮城県沖地震でした。私も石巻市にいて当時は小学校1年生。友達と野球をして遊んでいたときの大きな揺れは、今もリアルな記憶として私に残っています。

 あの地震で亡くなられた28人のうち、ブロック塀などの下敷きで亡くなった方が18人もいました。鉄筋が入っていないため耐震性が弱かったことが要因と、その後は規制が強化されて同じような犠牲も減っていただけに、本当に残念だし、ご家族の心の痛みを思うといたたまれなくもなります。

 今後の余震にも注意が必要ですし、熊本地震のように後から本震が来ることはないかと心配になります。日本共産党は山下芳生副委員長が本部長となる対策本部を設けて、現地では地方議員が中心に要望も聞いてまわっています。国も地方自治体とよく連携して、最大限の支援を進めてほしい。

 先週は千葉県や群馬県でも地震が相次ぎ、日本全国どこでも地震は起きるものという認識を、あらためてハッキリしなければいけませんね。防災・減災の対策、避難訓練、自治体などの体制強化とともに、やっぱり過酷事故が心配となる原発を動かしてはならないと痛感します。

 国会は明後日の会期末を前に、会期延長が避けられなくなってきました。その理由がカジノ解禁法案というのですから、国民からむしり取るための会期延長など到底認められません。そもそも北海道を賭博で汚すな! カジノを要望している自治体だけでなく、札幌はじめ全道的な問題として世論を広げていきたい。

 近畿地方での地震で3人が亡くなられるなど、大きな被害が出ました。心からお悔やみと、被災された方にお見舞い申し上げます。

 【今日の句】安心を 願ってるけど もどかしい

2018年6月17日日曜日

オホーツクから政治を変える

 北見市党と後援会の「青空まつり」、網走市でシロシスト問題で農家から聞き取り、美幌町では「つどい」と2日で計400kmほどを駆け回りました。やっぱり北海道は広い!

 しかし今日は天気も良く、緑の畑が広がる風景に癒されました。私がボーッとしてる間も安全運転をされてるスタッフには感謝しかありません。

 北見市は3月の市議選で、日本共産党は1議席増の3議席へ躍進。参加されたみなさんの表情も明るく、代表してあいさつした菊池豪一市議は「控室の大きさで躍進を実感しました。次は4議席をめざそうと、桜井市議が話してます」と意気高く述べました。応援に来た私も、本当に嬉しいです。

 私からも情勢報告と来年の参院選で勝利する決意も合わせてあいさつしましたが、一番歓声が上がったのが「昨日、紋別市で私と同い年の男性が入党しました」という話でした。仲間が増えていくのって、本当に嬉しいですね。

 焼き立てのジンギスカンを頬張りながら回ると、たくさんの激励や政治への注文が出されました。国会で聞いた声を反映させたいと、あらためて決意しました。

 網走市でも、ちょうど党員さんたちがジンギスカン交流会をしていたのであいさつし、次に向かった先は農家のお宅。シロシストセンチュウが見つかり、特に生食用ジャガイモ生産者にとって色々な問題があり、昨年も聞き取りをした後に農林水産省にも実態を伝えていました。

 担当者が変わったせいか、国からの話も聞こえなくなってきたと言います。防疫対策は流通業者にも負担になるらしく、昨年より販売契約が厳しくもなっているようです。いずれにしても現場の実態をふまえた検討が急がれると感じました。国や道にも届けます。

 美幌町の「つどい」では、何とワラビの三杯酢やフキの炒め物など準備され、それがおいしいこと! この季節ならではで嬉しいですね。

 和気相合と食べながら、出される意見は「早く安倍さん辞めさせて。共産党も新しい日本の姿を打ち出して」「北海道の子どもたちの体力低下や人口減少が心配」「消費税が10%になれば、小さな農業法人は大変」「野党がバラバラではダメ。一貫しているのは共産党だけ」など、熱いものばかりでした。

 私からは、私のリーフも示しながら新しい政治の姿を話しました。安倍政権は儲かるところしか目が向かず、「成長戦略」だからと税金でも優遇しています。しわ寄せは国民に押しつけている、その大元を変えれば安心したくらしや地域は取り戻せると強調しました。

 テレビや新聞では日本共産党のことがあまり報じられないだけに、このような「つどい」を各地で開いて私も参加したいと思いました。みんなで話せば展望も見えるし、力も勇気も湧いてきます。

 熱い思いが交流できたオホーツク管内を後に、先ほど札幌の自宅に戻りました。明日は朝から宣伝です!

 【今日の句】家に着き 思い出したぞ 父の日だ

2018年6月16日土曜日

スロープに込められた優しさ

 来月15日告示の紋別市議選で立候補予定の野村淳一市議を応援に入って街頭宣伝やつどい、嬉しいことに私と同い年の男性も入党してくださいました。

野村さんは市議6期、政策力も高く市民から頼られている議員さんだけに「まず大丈夫」などの声もあり、だからこそ心配でもあるのです。野村さんも訴えに力が入るし、私からも「選挙に『絶対大奮闘』なんて絶対にありません」と押し上げをお願いしてまわりました。

 野村さんには私が立候補したての頃から優しくしていただきました。紋別市のみなさんにも、いつも温かく支えていただきました(今日はカレーやトキシラズのつくねまで、ご馳走になりました!)。ともあれ市民にとっては、なくてはならない議員さんなのです。

 つどいでは支持者のみなさんが集まってくださり、安倍首相への不満が次から次へと。「野村さんも頑張ってもらうけど、畠山さんが国会で訴えてもらわないと困るのよ!」と、怒濤のような激励までいただきました。そうなんです、必ず再び国政の場で働かせて!と私も訴え。

 そんな熱い議論の後に、いつも選挙のお手伝いなどをしてくれていた男性が入党してくださいました。もの作りが得意で心やさしく、つどい後に事務所前の段差解消のため手作りスロープを1時間もかけずに(!)作るほど。みんな感激でした。

 明日は北見市のまつりから網走市・美幌町とまわる分刻みの日程ですが、雨も降らないようですし元気に回りたいです!

 【今日の句】どの坂も 力あわせて 上れるさ

2018年6月15日金曜日

知事が向いているのは、道民か官邸か

 暖かな陽射しも戻ってきて、今日は4中総報告会や道庁前・反原発抗議行動へ。新しい私のリーフもできました!

 立憲民主党から勝部道議を擁立するとの報道もあり、共闘しつつも自分自身でも力をつけなければと身が引き締まります。4中総決議が、そのような内容でもあることから今日の報告会(札幌東区)でも力が入りました。緊急だったにもかかわらず多くの党員のみなさんが集まってこられて、心ひとつにがんばる契機にもなりました。

 先週は新潟県へ行っていたなどもあり、久しぶりの道庁前での反原発抗議行動でもありました。私からは新潟の経験なども交えてスピーチし、高橋知事は「再稼働反対の世論が多数の道民の側に立つのか」「再稼働推進の官邸の側に立つのか」と問いました。もともとは経産省出身で、東日本大震災・福島第一原発事故の後でも原発の必要性を発言していた知事だけに、この問題は厳しく問わなければいけないと思っています。

 高橋知事は、再稼働の判断は「安全が何より最優先」として、規制委員会の審査待ちという姿勢です。つまりは国まかせで、何か北海道としての安全基準を示すとか、検証作業を進めるとか、主体的な対応が見られないのが特徴だと思います。とりあえずは規制委員会でのGOサインも出ていないので、今は慎重な物言いになっているだけではないのでしょうか。

 東京電力が、福島第2原発を廃炉にする方針と報じられました。県内全自治体で決議があがっていたもとで遅い決断ではありますが、それでも県民の声や現実が廃炉へと導いたと思います。とはいえ東京電力は柏崎刈羽原発の再稼働に固執しているだけに、新潟知事選の結果を見越しての判断とも思えます。それはそれで世論で食い止めなければなりません。

 何より国会で、この立場でがんばる議席が増えなければならない。私自身も力をつけて、再び国政の場で訴えていきたい。リーフやポスターで掲げた私の合言葉は「さぁ、変えるよ!」です。各地で党員・後援会員のみなさんがポスターを貼っていただき、本当にありがたいです。完成したリーフも近々、道内の各家庭に届くかと思います。そこでも一軒一軒に届けてくれる党員・後援会員のみなさんがいるからこそ、なのです。

 国会では衆議院内閣委員会で、カジノ法案の採決が強行されました。「朝日」によれば、来年の選挙を気に掛ける公明党に配慮して今国会中に決着をつけたい、という与党の意向のようです。採決強行は、やましい法案だからと告白してるようなもの。それなら初めから法案で出すんじゃないよ!と言いたくなります。本当に腹立たしい。

 明日は朝イチのJRで紋別市へ。市議選を控えて野村淳一市議(予定候補)と宣伝や「つどい」をおこないます。まだオホーツク方面は気温も低めのようで、健康管理には気をつけてがんばります!

 【今日の句】カジノまで 前のめる知事 いりません

2018年6月14日木曜日

寒さに負けず、安倍政権にも負けず

 この時期特有の「リラ冷え」よりも寒かった! 手がかじかむほど寒くても心は熱く、久しぶりに総がかり行動に参加しました。

 ここ何日かの寒さに、ストーブをつけている方もいると思います。北見峠では雪も降ったとのこと。農作物は大丈夫かな。体調管理も、お気をつけください。

 さてさて今日は会議が続いていたため、外に出ての集会が、さらに寒く感じたのかもしれません。今日の集会参加は280人、みんな口では「寒い寒い」と言いながら、デモで声を上げ始めると熱気が生まれてくるものなんですね。

 国会は、衆議院でカジノ合法化法案の採決を止めるために野党が不信任決議案などを出し、参議院では野党がまとまって「働かせ方改悪」関連法案を追及しています。あれだけ問題山積だったTPPも短時間のうちに採決させてしまうなんて、論戦に立った者として腹立たしい。閉会間近になってから、まさに自民党の都合だけで出したような参議院議員選挙制度や定数などの改定案も持ち込まれてきました。選挙制度は民意を正確に反映させるべく民主主義の土台という重大問題なのに、こんなやり方でいいのでしょうか。

 米朝会談のインパクトが大きくて森友・加計問題も報道では隠れ気味ですが、国会への虚偽答弁・公文書改ざんなどは前代未聞の事態ですし、権力の私物化を幕引きさせるわけにもいきません。国会では日本共産党が、新たな資料などで引き続き追及しています。

 一体いつになったら安倍政権を終らせられるのかと思いがちになりますが、首相みずから開き直っているかのごとくなら、こちらも政治的に開き直って声を上げ続けるしかありません。あきらめた瞬間に、安倍首相の笑い声が聞こえてきそうです。負けてられない。

 先日おこなわれた第4回中央委員会総会の方針を討議・具体化していますが、明日は札幌東区で報告会もします。夕方には道庁前へ、反原発の声をあげます!

 【今日の句】手袋も コートも出すの 面倒で

2018年6月12日火曜日

歴史的合意を、さらに進める外交努力を

 昨日の4中総をうけた会議の日でしたが、注目は何といっても米朝首脳会談。歴史の転換点が後戻りしないことを強く願うばかりです。

 日本共産党・志位委員長の談話は こちら 。歴史的な会談を歓迎し、共同声明の合意をすみやかに具体化して、真剣で持続的な努力をと求めています。関係各国や国際社会の世論と働きかけも欠かせません。

 米朝首脳が並んでいるだけで信じられない気持ちですが、韓国・ムン大統領の積極的な外交が道を切り開いてきたのだと思いました。その背後にあったのは、平和や民族融和を願う韓国国民や、日本はじめ平和を願う世論だったと思います。

 問題はわが国、安倍政権の外交について。朝鮮半島の非核化、北東アジアの平和体制構築、日朝の間では拉致問題の解決や、かつての侵略戦争の反省など話し合うべき課題は多くあります。米国頼みではなく、日本独自の外交戦略が急がれます。

 こういう時に憲法9条を変える意味は、どこにあるのか。変えるべきは9条でなく、外交戦略なき今の政治の姿勢ではないのか。日本でも新しい政治をきりひらきたい。

 【今日の句】進むなら 一歩ずつでも 半歩でも

2018年6月11日月曜日

仲間を増やして、未来をひらく

 第4回中央委員会総会で東京・党本部へ。ジメジメした天気はともかく、議論を通じてスッキリ私はがんばります!

 今回の総会のテーマは党勢拡大に絞ったもの。率直に言って党員や「しんぶん赤旗」読者が増えていない現実を前に、思い切って力を集中しようという提起を受けて議論したのでした。

 党勢拡大のみ追及して安倍政権打倒の取り組みや切実な要求実現を放り出すわけではもちろんなく、とにかく明日にでも安倍政権は終わらせたいのです。同時に、党を強く大きくすることは自然成長ではありえないわけで、独自に追求しないと組織は小さくなっていくだけなのです。

 どこでも日本共産党の党員さんは、けんめいな活動をされています。宣伝や支持拡大、「しんぶん赤旗」の配達や集金、生活相談活動‥‥などなど、党員さんがいなければ私だって選挙はたたかえません。まして偏見や誤解が多い日本のなかで活動している日本共産党ですから、私自身もさらに発信しつつも党自身の仲間を増やさなければいけないと心から思うのです。

 気持ちも引き締めて、夜は国会で法案審査のお手伝いもあり今日は東京に宿泊。明日は早く北海道へ戻り、じっくりと議論したいと思っています。

 【今日の句】除湿器を 背中につけたい 梅雨の首都