2020年1月20日月曜日

余裕のある学校に

 久しぶりの街頭宣伝に教育懇談会の案内、党と後援会の「新春のつどい」では岩見沢市に足を運びました。歌にゲームと楽しく交流できるのも後援会行事の魅力です。

 このような「つどい」は、準備から当日の運営まで担われた実行委員会のみなさんの力があってこそ。司会の方からは食や環境への配慮もして「食べ残しのないようにご協力を」との話もされていました。大事なことですよね。

 私からは党大会の様子も含めて、約20分のあいさつをしました。話し始めてみると次から次へと思い出すことがあって、それだけ中身の濃い大会だったんだなあと自分のなかで再確認。少しでも熱気や確信が伝わればと思いながら、話をさせていただきました。

 いっしょに代議員として参加した農家の富沢さんは岡山大学名誉教授・小松泰信さんのあいさつを紹介された後に、「今回の大会は、自分の生き方を見つめ直す大会でした」と話しました。私も同感です。全国の仲間の奮闘に、おおいに励まされました。

 さて、冒頭に書いた教育懇談会ですが、公立学校へ導入されようとしている1年単位の変形労働時間制について日本共産党・畑野君枝衆議院議員を招いておこなうものです。畑野議員から国会での質問と合わせて今後の具体化などへの話を聞き、何人かからの発言も予定しています。

 今日から札幌市の小学校は3学期が始まりました。わが家の小学2年生も「5時間目は国語か~」と言いながら昨夜、学校の準備をしていました。初日から授業時数確保に追われて、子どもも先生も余裕がないままスタートするのかなと心配になります。

 今日も案内をしながら「やっぱり先生を増やすことですね」「業務を減らすことに本気で取り組まないと」などの意見を交わしました。少しの間ですが教員であった者として、この点も国会で訴えねばと気持ちを新たにします。

 懇談会は2月8日(土)13:30からで、会場は札幌市・教育文化会館です。ぜひ多くの方にご参加いただきたいです。

 【今日の句】悪政を 終わらす国会 始まりだ

2020年1月19日日曜日

くらしの声を聞いてみれば

 党大会から戻り、さっそく消費税廃止各界連のロング宣伝に参加、署名やシール投票の呼びかけに! 署名する高校生もいて、元気も沸いてくる行動でした。

 シールボードを前に「ゼロの方がいいけど、問題は税金の使い方じゃないのかなあ」と語る男性も。本当に社会保障を充実するのなら増税も仕方ないということなので、「その気持ちはわかります。税金の使い方だっておかしいですよね」と話す中で5%くらいが丁度いいのかなと、シールを貼られました。

 小さい子連れのお母さんも、スタスタと近づいて署名に。「くらしが大変なので」との会話が聞こえてきました。別の男性は「政治家は庶民のくらしをわかっていない」とも。そうだそうだ、どの家庭も生活が楽ではないんです。それなのに増税だけでなく年金カットや医療も負担増だなんて!

 党大会に参加して日にちもずれた感覚でしたが、まだ1月ということで後援会の新年会などが続きます。写真は、聾唖者によるポプラ後援会事務局長の金原さんとのツーショット。後援会の新春のつどいに先立って、語り合うつどいも設定してくれたのです。たどたどしい手話で「はたやまかずや」と自己紹介のあと、昨日までの党大会や「桜を見る会」など安倍政権の現状に触れて、みなさんといっしょに政治を変えたいと話しました。

 野党が共同で出している法案のなかに、手話言語法案があることをご存知でしょうか。党大会で野党議員があいさつした中身にも触れて「市民と野党の共闘」」を進めていきたいし、その推進力になる日本共産党の力も、綱領にも触れて紹介しました。

 「泊原発は今どうなっているの」「北海道の自衛隊も中東へ送られるの」など、いろんな疑問も出されて意見交換するのですが、話の中身に驚いたり喜んだりしている姿がわかりました。手話通訳の方が、私の話のニュアンスまで含めて伝えてくださっているんですね。まさに言語としての手話なのだと再確認できました。

 【今日の句】この負担 きっと総理は 知ってない

2020年1月18日土曜日

第28回党大会・最終日

 綱領の一部改定案など3議案を採決し、新しい中央委員会も構成されました。来るべき総選挙での躍進と党づくりに、これまで以上に私も力を尽くしたいです。

 昨日のブログでもご案内した日本共産党ホームページの特設ページから、最終日の様子を見ることができます。とりわけ改定された綱領は、多くの方に一度お読みいただきたいのです。

 社会主義とは呼べない中国の実態、核兵器禁止条約を批准する日本政府へ、そして(たぶん日本の政党では初めてであるだろう)ジェンダー平等を位置づけたこと、資本主義の限界が論じられるなか日本の社会主義・共産主義の道筋を示したことなど、これだけ未来を骨太に示した綱領を手にしたことは大きな意味があります。

 ジェンダー平等にかかわり志位委員長は結語で、1970年代に党が同性愛は性的退廃だとした論文があったことにも触れて、これは間違いだったと率直に述べました。会場も私も、大きな拍手で応じました。こうやって誤りをただせるってすごいと、率直に思いました。党の自己改革はもちろん、あらためて私も自分事として受け止めたい。

 いろんなことを吸収して先ほど北海道へ戻ってきました。新たな決意のもと、いっそう私もがんばります。

 【今日の句】全国の 仲間に何度 励まされ

2020年1月17日金曜日

第28回党大会・4日目

 3日間続けた討論は約90人、いよいよ明日が最終日。決議案の採択と中央役員人事の選挙がおこなわれます。今日は若い世代の前を向いた発言が、特に印象に残りました。

 自分が自分らしく生きられるように社会は変えることができることや、世界から見たら遅れている日本をいっしょに変えようという呼びかけに、党や民青同盟に加わる若い世代が特段に増えている地域の経験も聞きました。願いに耳を傾けることを出発点にしようと痛感しました。

 身近な矛盾から国際的課題まで、このままで本当にいいのかと模索している青年は多くいるはずです。そこに変革のエネルギーがあるし、展望が見えてくれば立ち上がりもしています。こういう若い世代が増えれば、必ず日本は変わると確信しました。

 来るべき総選挙での二大目標(①市民と野党の共闘の勝利、②日本共産党の躍進)を、どうすれば実現できるのかは今日も討論の大きなテーマでした。共闘を受け身でなく積極的に取り組むことで、日本共産党を信頼してくれることになるなどの発言に納得しました。もちろん党支持のための共闘ではありませんが、日本共産党が大きくならなければ共闘は進まないことが確信となった討論になったと思います。

 明日は9時30分から、日本共産党ホームページの特設ページから中継を見ることができます。リアルタイムでも、その後にでも、ぜひご覧ください。

 【今日の句】青年もベテランも みな希望です

2020年1月16日木曜日

第28回党大会・3日目

 日本共産党大会の討論は、いつも笑いや感動がびっしり。全国の仲間が「国民の苦難軽減」の立場で奮闘していることに、勇気と確信が湧いてきます。討論は1人8分で、今日は40人ほどが発言しました。

 原発利権とたたかってきた福井・高浜町議の報告、水俣病の苦しみに寄り添ってきた党天草地区、トランスジェンダーをカミングアウトして人間の尊厳を訴えて選挙をたたかった新宿区議、病院の診療所化に対して「ここで立ち上がらなければ共産党じゃない」と立候補した愛知・東栄町議などなど、不屈にがんばる日本共産党の姿ここにあり!という胸が熱くなる討論が続きました。

 市民と野党の共闘が発展している、各地の経験もすごい。野党統一知事候補として大健闘した高知・松本けんじさんはじめ、この党大会視聴を他党にも案内して一緒に見ていたという鹿児島、応援する市民の方に選対事務局にも入ってもらった京都、共通政策を積み上げてつくろうと野党そろって市民懇談会を連続しておこなう青森県など、前大会に比べて大きく変化してきたことに驚くばかりでした。

 次の総選挙をたたかう決意と北海道での政治変革について、今日のトップに私も発言。昨日は、同じく党衆議院議員が空白となっている中国ブロック(大平喜信さん)・四国ブロック(白川容子さん)、そして東北ブロックで議席増を狙う船山由美さんも発言されていて、次の総選挙は「市民と野党の共闘」と「日本共産党の躍進」という2つの大仕事に挑戦しようと決意も固め合いました。

 今日は来賓に日本民主青年同盟・新日本婦人の会・民医連・全商連・日本原水協から、あいさつをいただきました。岡山大学名誉教授の小松泰信さんが特別あいさつもされて、会場は大盛り上がりに。せっかくなので、衆議院でいっしょに農林水産委員だった斉藤和子さん(比例南関東ブロック)とも記念写真を撮りました。国会では参考人質疑で小松先生にはお世話になった間柄でもあるので、「国会へ戻ってくださいよ!」とエールもいただきました。

 会場の熱海市は天気もよく、会場までの坂をのぼるとうっすら汗をかくほどの陽気です。明日の夜から冷える予報のようですが、北海道の代議員は元気に参加しています。しっかり明日も学んで、力にしていきたいです。

 【今日の句】集まれば 変える道筋 見えてくる

2020年1月15日水曜日

第28回党大会・2日目

 大会での討論が始まりました。トップバッターは何と不破哲三さん! 中国が社会主義をめざす国とは呼べないと判断した経過を、自分が体験した事実を整理しながらの発言でした。納得しました。

 今回の党大会の議題の1つが、綱領の一部改定です。今日の討論でも改定の意義や、不破さんのような解明の発言が多くありました。貧困と格差の拡大や気候危機と呼ばれる現実は、資本主義そのものを問うてもいます。新しい社会システムは、必然的に求められています。

 この解決への道筋を示す綱領ですから、全党の叡知を結集して練り上げることは当然です。前にも書きましたが、このように議論を積み上げる党の姿を知ってほしいし、その中身にも自信があります。今日だけの討論でも、そのことを実感しました。

 他にも市民と野党の共闘の発展、党づくりの苦労と喜び、若い世代のイキイキした発言などが続きました。特徴などをまとめられる余裕がないので、ぜひ「しんぶん赤旗」で熱気を感じてもらえればと思います。

 明日は終日、討論の1日となる予定です。

 【今日の句】歴史から 学んで見える 未来ある

2020年1月14日火曜日

第28回党大会・1日目

 一言で言うなら「えらいこっちゃ」という感じでスタートした党大会。来賓の各党・各会派・議員のあいさつの熱量がすごい! 始まって1時間で、会場はものすごい熱気に覆われました。

 日本共産党HPの特設ページからリンクしている YouTube から見ることができます。立憲民主・安住淳衆議院議員、国民民主・平野博文衆議院議員、社民・吉川元衆議院議員、沖縄の風・伊波洋一参議院議員、碧水会・嘉多由起子参議院議員、そして特別ゲストとして中村喜四郎衆議院議員。この顔触れだけで、正直はじめは「それぞれ何を話すんだろうか」とドキドキでした。

 実際に動画を見ていただきたい! 今の日本共産党の立ち位置と「市民と野党の共闘」が、どのように進んでいるかが、よくわかります。中村議員は、外交や安全保障で信頼されるような野党にとエールを送っていただき、最後は団結がんばろうにまで残ってくださったのです。えらいこっちゃ、です。

 共闘の前進とともに、日本共産党を大きくするための活動方針を決めるのも党大会の目的です。何より大元の方針である綱領の改定もおこないます。今日は志位委員長と小池書記局長からの報告のみ。明日は党建設にかかわる報告を山下副委員長から受けて、討論に入ります。

 会場までの道のりは、長い長い坂が続きます。何度も歩いた坂ですが、そのたびに自分も変わってきたように思います。ぜひ明日の「しんぶん赤旗」で、そのような会場の様子も読んでもらえれば嬉しいです。

 【今日の句】この道は 未踏だけれど 楽しくも