2017年5月28日日曜日

どの子も幸せに

 我が家も含めて、札幌市内で小学生を持つ親はヤキモキした土日‥‥天気に振り回された運動会! 私は知的障害児・者家族連合会などへ‥‥。

 昨日は雨で全市的に運動会が延期になり、今日は朝の時点で曇りだったため開会した学校もありました(娘の通う学校もそうでした)。

 さて開始!‥‥の後に雨が強く降り出し、中断・中止となって続きは火曜日に。

 宮城から両親が「孫(小6)の最後の運動会だから」と来札していて、何とも中途半端な結果になりましたが、学校も判断は大変だったことでしょうね。

 かくいう私は、今日だろうが火曜だろうが見ることもできず、朝に「がんばってね」と娘に声をかけるのみでした。

 残念ではありますが、何より子どもたちにとってベストの状況で運動会が行われることが一番。

 そんなこんなでしたが、昨日は党として発表した地域鉄道路線政策の党内学習会、今日は知的障害児・者家族連合会の全道研修会や北商連総会でのあいさつなどに駆け回りました。

 とりわけ緊張したのは知的障害児・者家族連合会の研修会でした。

 掲げられた論点に「終の棲家」との文字が。

 寿命が全体的に伸びているなか、知的障害を持たれている当事者と家族にとっても「終の棲家」が大きな問題になっています。

 「誰が責任を負ってくれるのでしょうか」

 出された声の重さに、胸が痛みました。

 障害の有無にとらわれず、日本国憲法は基本的人権の尊重を掲げています。

 どの子にも、どの人にも、安心の社会を。

 本当に課題の多さを痛感する毎日です。

 【今日の句】 青空が こんなに恋しい 日もなくて

2017年5月25日木曜日

政権側の隠ぺいは、こんなにみっともない

 今日は農水委員会で法案質疑、復興特別委員会もあり、デモ激励の後は北海道から次々と来室も‥‥激励も受けて、さらに頑張らなければ!

農水委員会は畜安法改正案の質疑で、酪農家の所得向上に反する結果になると強調。

 復興特別委員会では、5人の参考人から陳述を聞いたのですが、復旧・復興の努力に胸が打たれるとともに、福島の現実の重さを再認識しました。

 デモや院内集会で、今日は国会にも多くの方が北海道から見えられていました。

 きょうされん、B型肝炎原告団、国家公務員労組、高校教職員組合、弁護士・司法修習生‥‥どの問題も切実な課題を抱えているし、国の責任が問われています。

 何より大きな問題として浮上した「加計学園」問題。


今日の私の質問でも、獣医師の需給を農水省としてどう考えているかを事実確認しましたが、まだまだ真相解明にはほど遠い。

森友問題とともに、政治の私物化という疑惑がぬぐいきれません。

 さらに前川・前事務次官(文科省)が、問題点の事実を認める記者会見までおこなったのです。

 事務次官というのは、官僚組織の事務的トップ。

 その事務次官が認めている以上、説明責任は今の政権側にあります。

 それでも、なお菅官房長官は、文書の信ぴょう性がないと言い張る一点張り。

 そこまで言うとしたら、国会の場で決着をつけなければいけません。

 総理入りの集中審議、前川・前事務次官の参考人招致・証人喚問など、野党の要求は当然のことです。

 政府・与党が、それを受け入れられないとすれば、隠ぺいしたとの疑惑も湧くでしょう。

 こんなに、みっともないことはない。

 何を隠ぺいし、何を守ろうとしているのでしょうか。

 知恵と力をふりしぼって、安倍政権の暴走を止めたい。

 【今日の句】 蕎麦屋では かけは何にも 隠さずに

2017年5月24日水曜日

流れを変える論戦を

 今日の参議院本会議で「共謀罪」法案は議題にならず。日程確保へ会期延長の話も出ていますが、悪法成立のために「土俵」を広げるなど許されない。

 そもそも与党が想定していた衆院通過より大幅に遅れているのは、世論の高まりがあったから。

 議席の「数の力」を追い込んでいくには、質問・論戦で問題点を明らかにして、それが国民世論の高まりにつながってこそ。

 明日は農水委員会で質問がありますが、事実にもとづく論戦で流れを変えることはできると、議員となって2年半での実感です。

 ただ、その論戦がストレートに国民すべてに浸透していくわけでもないのが、もどかしいところ。

 ボロボロの法案も、ボロボロの答弁も、そして変えられる展望を、しっかり私も広げていきたい。

 今日は経産委員会や質問レクなど、明日は農水委員会と震災復興特別委員会が重なっていて、慌ただしい1日になりそうです。

 【今日の句】 土俵から 総理も与党も 押し出そう

2017年5月23日火曜日

安倍首相よ、この批判の声が聞こえるか

 違憲立法そのものの「共謀罪」法案は国際社会からも問題視! 衆院本会議で可決されても、参院審議も含めて必ず廃案に!

 日本共産党からは藤野保史議員が反対討論に立ちました(以下のとおり)。

 ----------------------------
 私は、日本共産党を代表して、組織犯罪処罰法改正案、いわゆる共謀罪法案について断固反対の討論を行います。

 まず、19日の法務委員会での強行採決に満身の怒りをもって抗議します。自由と民主主義がかかった重大法案であるにもかかわらず、本法案の審議は全く尽くされていません。
 法務大臣がまともに答弁できず、国民の8割が「説明が不十分だ」という法案を数の力でごり押しすることは、国民の代表機関である国会の役割を自ら否定するものであり断じて認められません。

 反対する理由の第一は、本法案が、具体的に危険な行為があってはじめて処罰するという近代刑事法の大原則をくつがえし、日本国憲法が保障する思想・良心の自由、表現の自由などを侵害する違憲立法そのものだという点です。
 5月18日、国連人権理事会が任命した国連プライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏から、本法案が、プライバシー権や表現の自由への「過度の制限」になると強く懸念する書簡が安倍政権に届けられました。
 菅官房長官は、この指摘は「全くあたらない。強く抗議する」などと述べましたが、共謀罪が必要な理由として、国際条約の締結や国際社会との連携をあれほど強調しておきながら、当の国際社会、国連から問題を指摘されるや「全くあたらない」と切り捨てる姿勢はご都合主義そのものであり、到底許されるものではありません。
 国連特別報告者はこう指摘しています。「これだけ拙速に深刻な欠陥のある法案を押し通すことを正当化することは絶対にできません。今こそ日本政府は立ち止まって内省を深め、・・・世界基準の民主主義国家としての道に歩を進めるべき時です」--安倍政権はこの指摘を重く受け止め、国連と協議を行うべきであり、法案採決を強行するなど断じて認められません。

 第二に、本法案について、政府は「テロ対策のため」、「一般人は対象にならない」などと説明してきましたが、今やその説明はボロボロです。
 国際組織犯罪防止条約を締結するための国連「立法ガイド」作成の中心人物であるニコス・パッサス米ノースイースタン大学教授は、「条約の目的はテロ委対策ではない」と断言しています。
 同条約の作成過程では、日本政府はじめG8のほとんどの国が、「テロリズムは本条約の対象とすべきでない」と主張していました。当事者の証言からも、条約作成の過程からも、本条約がテロ防止条約でないことは明らかです。
 日本はすでに、テロ防止のための13本の国際条約を締結し、66の重大犯罪について、未遂より前の段階で処罰できる国内法を整備しています。日本弁護士連合会が指摘するとおり、同条約の締結に共謀罪の新設は不要です。
 政府は「組織的犯罪集団」や「実行準備行為」を要件としているから「内心を処罰するものではない」と主張していますが、いずれも判断するのは警察です。
 「実行準備行為」について、「花見と下見は、外形上区別できないではないか」と聞くと、金田大臣は「ビールと双眼鏡など、外形上で区別できる」と強弁しました。しかし、「それでは区別にならないではないか」と聞くと、今度は「計画に基づくかどうかで判断する」と言い出しました。
 「外形上区別できる」と説明してきたのに、結局は「計画」すなわち内心でしか区別できないことを自ら認めたものにほかなりません。内容も答弁もボロボロの本法案はただちに廃案にすべきです。

 第三に、本法案は、モノ言えぬ監視社会をつくりだす「現代版・治安維持法」であり、安保法制=戦争法、特定秘密保護法、盗聴法などと一体となって、日本を「戦争する国」に変質させるものです。
 質疑の中で、岐阜県大垣署の市民監視事件や堀越事件など、警察による監視活動の実態が明らかになりました。警察は、裁判で自らの活動の違法性が認定されても、謝罪も反省もせず「適正な職務執行だった」と開き直っています。
 ここに共謀罪が新設されたらどうなるか。警察がいま以上に大手を振って一般市民の監視に乗り出すことは火を見るより明らかです。

 いま戦争法、原発再稼働、TPP、沖縄の米軍新基地建設など、安倍政権の暴走に対して、もの言う市民が声をあげ、野党と市民の共同が広がり、新しい日本の民主主義が動き始めています。
 安倍総理による「九条改憲」発言は、本法案が戦争する国づくりの一環であることを改めて浮き彫りにし、広範な市民が怒りの声をあげています。共謀罪は、日本の民主主義の発展を恐れ、もの言う市民を萎縮させようとするものです。しかし、この新しい民主主義の流れをおしとどめることは絶対にできません。
 法務委員会に続いて、この本会議場でも共謀罪法案の採決を強行するならば、虚構の多数で暴走する安倍政権への怒りがさらに沸きあがり、安倍政権打倒のうねりとなって広がることになるでしょう。

 私たち日本共産党は、法案採決に断固反対するとともに、多くの市民と固く連帯して、必ず本法案を廃案に追い込む。その決意を表明して反対討論といたします。

 ----------------------------

 国会周辺で終日ひらかれた集会や座り込み行動などに、私も情勢報告と連帯の表明であいさつに駆けつけました。


 厳しい暑さのなかでも、「絶対に廃案」との強い思いがあふれていました。

 国会周辺はもとより、北海道でも、全国各地でも、怒りの声があふれている。

 藤野さんの討論にあるように「新しい民主主義の流れをおしとどめることは絶対にできません」。

参議院に審議が移っても、引き続き問題点を衆議院議員からも世論に訴えて、何としても廃案に。

 農水委員会は、今日は畜安法改正案に対する参考人質疑で、参考人から次々と問題点が指摘されました。

 焦点となる法案はじめ、各分野であらわれる安倍政権の暴走を厳しく追及していきたい。

 【今日の句】 賛成の 議員は説明 できるのか

2017年5月22日月曜日

歴史を繰り返させない

 治安維持法の再来を許すな! 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の院内集会に参加し、日本共産党からは仁比聡平参議院議員が代表あいさつ。

 日本共産党からは他に畑野君枝衆議院議員と私が参加し、民進党からは横路孝弘衆議院議員、自由党からは森ゆうこ参議院議員があいさつ。

北海道からも多くの方が参加していて、被害者である松本五郎さん・菱谷良一さんが、ごあいさつされました。

 お2人とも「生活図画事件」の被害者です。

 1941年9月20日、お2人は特高警察によって拘引されました。

 松本さんは、理由もわからず半月ほど留置所に入れられた後、警察から「共産主義を信奉していただろう」と問われます。

 否定すると「警察をなめる気か」と恫喝され、「正直に認めれば早く帰してやる」と懐柔策も。

 美術部に入って、生活を見つめてより良い生き方を--と学んできただけなのに、検挙されるとは思わなかった、と松谷さん。

 仕方ないので認めることにしたら、調書を書くためにコミンテルンや唯物史観の本を読ませられたとのこと。

 まったく滅茶苦茶で、親兄弟まで「非国民」のそしりを受けたといいます。

 菱谷さんも、同じ日に特高警察に拘引され、同じく共産主義を信じ実践したとの調書を、でっちあげられることになります。

 真冬の氷点下30度を下回る、厳寒の独房で手足の凍傷に苦しみ、過酷な1年3ヶ月を送らせられました。

 治安維持法が廃止されてもなお、警察や国家からの明確な謝罪も賠償もありません。

 それどころか、治安維持法の再来とも言うべく「共謀罪」法案を採決強行だなんて--今日も「絶対に廃案にしよう!」との声があふれました。

 衆議院では、明日の本会議が職権で開かれることに。

 引き続き私も問題点を訴えるし、ブログをお読みの方も、ぜひ広げていただきたい。

 こんな悪法、やっぱり許されません!

 【今日の句】 一般人 判断するのは 国なんて 

2017年5月21日日曜日

集まるって、いいなあ

 多数激戦の千歳市議選の第一声に駆けつけ、ぜひ吉谷徹候補を市議会へ!と応援。その後は、南空知さくらまつりから種子法シンポジウム!

 千歳市は自衛隊員(退職含む)が多い町で、そのなかで佐藤仁市議と党支部が粘り強い活動を続けてきました。

 そのバトンを受け継ぐ吉谷徹候補は32歳!

 両親から「差別や偏見のない」社会の大切さを学び、日本共産党に共感して入党後に今回の立候補。

 余市町の大物町議をはじめ、第一声には友人も多く集まっていました。

 友情って、いいなあ。

 吉谷さん、がんばって何としても市議会で働けるように!

 岩見沢市に足を運び、党と後援会の「さくらまつり」であいさつ。

 南空知管内の町村から、議員・党支部・後援会員のみなさんも見えられていて、久しぶりにお会いすることもできて嬉しいひととき。

 なかなか全道に行けずに申し訳ない思いなのですが、心ひとつに安倍政権打倒へがんばります!と決意。

 女鹿武・小選挙区10区予定候補も一緒に、日本共産党の躍進を!と訴えました。

 大急ぎで札幌市へ、「親子で憲法を学ぶ札幌の会」主催の種子法シンポジウム。

 北海道産食材のマルシェもずらり、会場もいっぱいで活気!

 山田正彦・元農林水産大臣に、国会議員は民進・徳永エリ参議院議員に、共産党からは私。

 日本の種子を守る有志の会の印鑰智哉さんも含めて、それぞれが報告をした後にシンポジウム。

 あらためて種子法の大切さも交流できたし、国会で押し返してきた到達点、北海道でも運動を広げようとの決意など、とても希望が見えたシンポジウムとなりました。

 準備されてきたAさんには、お土産におにぎりまでいただいて(おいしかった!)、食と命はつながっているし、ここからがスタートという雰囲気の集まりとなりました。

 明日の朝から会議のため上京となりましたが、また明日から「共謀罪」法案の重要な局面でのたたかいに。

 飛行機のなかで、緊張感をもって上京しています。

 【今日の句】 押し返す力は みんな持っている

2017年5月20日土曜日

中身がわかれば

 岩渕友参議院議員と「必ず『共謀罪』法案を廃案に!」と、札幌駅前で宣伝を始めた途端に「安倍首相を早く辞めさせて」との声が‥‥!

 「ずいぶんビラも受け取ってくれました」とは、道委員会の職員から。

 共謀罪の中身はわからぬまま、採決を強行した安倍政権に「おかしい」との思いが広がっているようです。

 私からは「今から24時間前、私は法務委員会の現場にいました」と切り出して、自民・公明・維新の採決強行を厳しく批判しました。

 国民的理解が深まるどころか、疑問ばかりが膨らんだのが、法務委員会での審議の結論だったのではないでしょうか。

 私からは、あらためて「共謀罪」法案が憲法に反する理由、広く国民を監視する恐れなどを述べました。

 中身がわからない人が多いだけに、この問題はていねいに訴えることに気をつけています。

 それがビラの受け取り人が増えることにつながっているのなら、とても嬉しいこと。

 初夏を思わせる暑さでしたが、明日も元気に訴えます!

 【今日の句】 腰据えて 世論で包囲し 退陣へ