2017年9月20日水曜日

堺はひとつ

 激戦の堺市長選・市議補選へ応援に来ました。栂・美木多駅に着いたら元気なコールが!

 全国注視の堺市の選挙。

 とりわけ安倍首相が来週28日の臨時国会冒頭解散を検討しているなかで、安倍政権の補完勢力である維新の会に審判をくだして、自由と自治の町である堺市の誇りを継続できるかが大きな焦点となっています。

 「北海道から応援に来たのは意味があります」と切り出して、江戸時代に西廻りで北海道の昆布が運ばれて、堺市の包丁でおぼろ昆布も作られた話も交えながら「大阪都構想は、この堺市の伝統と歴史を奪うもの」と訴えました。

 国会で言えば、そもそも維新の会が果たしてきた役割は安倍政権の補完だったのではないか。

 通常国会では、共謀罪法案を衆院法務委員会で採決の引き金を引いたのは維新の議員でした。

 昨年はカジノ推進で、官邸と維新とが結束して採決にひた走った、これこそ野合そのものではないのか。

 憲法改悪をけしかけて、野党4党の内閣不信任案決議にも賛成せず、国会対応に貢献してきたのが維新だったと思うのです。

 「堺はひとつ」のスローガンで奮闘する一方で、分断を持ち込む維新に未来を任せるわけにはいかない。

 駅前で堀内まさお候補と、1時間にわたり訴えぬきました。

 解散総選挙前にも安倍政権と補完勢力に痛打を与えるのなら、市長には竹山おさみ、市議補選(南区)では堀内まさお候補を!

 明日も朝から「堺はひとつ」を訴えます。

 【今日の句】 ごまかしは 通用しないと 確信し

2017年9月19日火曜日

これが「野党は共闘」の原点

 2年前の安保法制=戦争法の強行採決を忘れず! 党国会議員団で国会前の集会に参加しましたが、みんなの熱気がすごい!

 何といっても怒りの向いた先は、安倍首相の臨時国会冒頭解散の動きに対して。

 臨時国会の要求を3ヶ月も放置したあげく、質疑もせずに解散だなんて、疑惑隠しも極まれり!

 でもそれは追い詰められている証拠でもあるわけだから、一気に安倍政権を終わらせる結果を出したい。

 そのためには市民と野党の共闘が必要で、参加者からも「野党は共闘」コールが何度も起きました。

 民進党は小川敏夫参議院議員、社民党は福島みずほ参議院議員が発言し、自由党は小沢一郎代表がメッセージを寄せ、日本共産党は志位和夫委員長が安倍政権退陣の決意も込めてあいさつ。

 昨年の参院選や新潟県知事選、今年の仙台市長選のように、共闘で勝てる経験を積んできました。

 それを今回の総選挙で生かすとき!

 市民としても2年間、19日の行動を継続するのは大変だったけど、今こそ安倍政権を変えるときだ!とのあいさつもありました。

 そうだ、そうだ、今こそ変えよう安倍政権。

 このまま自衛隊が海外で武力を使える日本=戦争できる日本にしていいのか。

 2年前の熱気を、あの皮膚感覚を、あらためて思い出しました。

 民進党と共産党の共闘ばかりがクローズアップされますが、そもそも市民の「野党は共闘」の大きな声が広がって、ここまで進んできたもの。

 これが原点。

 しっかり心をひとつに、私もがんばりたい。

 【今日の句】 この熱気 必ず全国 広がって

2017年9月18日月曜日

政権の延命優先の解散か

 台風18号の大きな被害が出ていないかと心配です。私は今日中に上京で、何とか羽田へ向かっているところ。

 昨年は北海道に連続4つも台風が上陸し、大水害となったことが今も記憶に生々しい。

 まだ農地が復旧していない箇所もありますし、JR北海道が復旧しない鉄路も山積です。

 今回の台風でも七飯町でリンゴ落下などの報道を目にしますが、まずは実態の全容把握と当面の救済策を!

 一方、安倍首相は外交日程のため出発し、帰国後に衆議院解散の判断をするとか。

 「ていねいな説明をする」と何度も言いながら、いざ国会が始まるとなれば議論封じでしょうか。

 改造したばかりの「仕事人内閣」は、いったい何の仕事をしてきたのか。

 とにかく延命ばかりを考えた結果の冒頭解散なのか。

 今日の暴風雨は恨めしいばかりでしたが、臨戦態勢と活動の具体化を急ぎたい。

 【今日の句】 政権は 疑惑隠しの 乱気流

2017年9月17日日曜日

安倍政権を終らせるチャンスに

 台風のさなかに解散風‥‥臨時国会の要求も聞かず、開いたと思えば冒頭解散とは疑惑隠しそのもの、徹底的に追い詰める!


 今日いっせいに報じられましたが、安倍首相は臨時国会での解散、早ければ冒頭の解散を検討しているようです。

 疑惑を隠し、憲法改悪までめざし、まさに党略的な解散です。

 とはいえ、解散・総選挙で国民の信を問え!と主張してきた党として、やるとなったら返り討ちに!

 今日は手稲区の党と後援会「青空フェスタ」から、オープニングの「乱拍子」による八丈島太鼓も聞いて勢いづきました。

 佐々木明美・小選挙区4区予定候補も、オスプレイ許さず、憲法改悪などとんでもない!と決意表明。


 参加された方へあいさつに回ると「本当に選挙かい」と、何人からも声をかけられました。

 ここまで来たら脇目もふらずに突き進むのみ。

 前の総選挙で、日本共産党は小選挙区1(沖縄1区)・比例20の議席獲得で、北海道でも児玉健次さん以来11年ぶりの議席を回復しました。

 私も国会で60回を超える質問をおこない、安倍首相とも9回、論戦をたたかわせました。

 TPPでは連日のように国会対応や質問に立ち、北海道にかかわっては泊原発、JR北海道、夕張の財政問題、千島諸島・領土問題などを取り上げてきました。

 この議席、何としても失えない!

 さらに川部りゅうじさんと合わせて比例2議席となれば、北海道の声を届ける力が2倍になります。

 小選挙区での共闘に、私も力を尽くしたい。

 安倍政権を支える自民・公明・維新を少数にするには、小選挙区で何としても勝たなければなりません。

 必ず、必ず政治を変える、このチャンスをものに!

 【今日の句】 たたかえば きっと未来は 開かれる

共同して鉄路を残そう

 道内各地から、自治体首長や職員・議会議長、労働組合や市民団体など「鉄道政策懇談会」に、多くの方がご参加いただきありがとうございました!

 自治体首長だけで6人(小樽・森井秀明市長、新ひだか・酒井芳秀町長、浦河・池田拓町長、新冠・鳴海修司町長、本別・高橋正夫町長、東神楽・山本進町長)で、南富良野町からは伊藤健議長がお越しくいただき、副町長さんなどがご参加いただいた自治体もあります。

この懇談会を党北海道委員会が主催したのは、4月に鉄道政策を発表したことがきっかけです。

 政策責任者である笠井亮衆議院議員が、先月の道内調査をまじえて政策提言の骨子を紹介し、私も道内17自治体やJR北海道本社をまわっての特徴を報告しました。

 会場はいっぱい、約250人が見えられました。

 このまま鉄路をなくしていいのか--疑問や不安の声が広がってきています。

 笠井議員と私の報告の後にゲストやフロアーからの発言では、その思いや国の責任を問う声が多くあがりました。

 浦河・池田拓町長さんは「話を始めたら2時間でも3時間でもかかる」と笑いを誘い、「政治の判断が誤っていたのなら、それを正すのも政治の役割ではないのか」と、国鉄の分割・民営化も含めて問題提起されたことが心に残りました。

 北海道高教組、農協労連などからの現状をふまえた発言、鉄道研究をされている方、また国労からJR北海道内の人員削減などの問題について発言がされました。

 フロアーから「高架の老朽化もひどい」「同じく赤字のJR四国などとの連携は」など発言が相次ぎ、鉄路を残そうとの思いが交流されました。

 本来は廃線問題をイチ自治体などで決められるものではなく、国民の移動する権利・交通権を保障する立場から、国が維持・存続などへ責任を果たすべきです。

 それでも各自治体では、住民の利用促進策やキャンペーンなどもおこなっています。

 これまでデータ改ざん発覚や相次ぐトラブルを起こしたJR北海道へ、道民からは厳しい目が向けられていますし、「利益第一のJR北海道になるのか」それとも「道民のためのJR北海道になるのか」が問われていると思いました。

 同時に、やはり根本にある国の責任を問うことの重要性も浮き彫りになったと思います。

 鉄路は残す必要があるし、残すことができる。

 この声を、さらに大きくしていきたい。

 【今日の句】 鉄路には 夢も歴史も 詰まってる

2017年9月15日金曜日

明るくV

 きょうされん(共同作業所全国連絡会)の全国大会が札幌市で開かれ、私も全体会に出席しました。ステージ企画は全員の大合唱で圧巻!

 朝から北朝鮮のミサイル発射があり気持ちがささくれ立っていたのですが、会場いっぱいにあふれた笑顔に私も元気になりました。

 今回が第40回目の全国大会という節目の年で、共同作業所づくりも50年を迎えるということから、ステージ企画はその歴史を振り返りながら、全国の仲間とうたっていくというもの。

 共同作業所は、名古屋市でジャズドラム制作の下請け作業をしていた知的障害者の家族や学校教諭などが、親会社が倒産したために新しい働く場をつくろうと活動したのが出発点でした(恥ずかしながら、初めて学びました)。

 地方自治体も動かして補助も受け、全国にも共同作業所が一気に広がりました。

 そこで全国組織をつくろうとの流れも生まれ、40年前の結成から今日に至るわけです。

 パンフレットには「苦しかったこと、楽しかったこと、ともに泣いた日のことを思い出してみたい」と書かれていました。

 「語り」には、札幌で精神障害を名乗って運動してきた歴史や、大震災後に作業所を再始動させた女川町の喚起の報告など、どれも胸を打つものでした。

 語りの後の合唱は、誰もが明るく笑顔。

 なんとゲストにはスキージャンプの「レジェンド」葛西紀明選手も登場し、ジャンプの代わりに参加者一同で(^^)v(ブイ)サイン(Vジャンプの意味)。

 基調報告は、安倍改憲の動きもあり「障害のある人たちの人権や生命が軽んじられることがない平和な社会の実現に向けて、わたしたちに求められているのは憲法改正ではなく、憲法の完全実現なのでは」との記述もありました。

 相模原市での事件もあり、今こそ誰もが「人間らしく生きる」権利があることを大切にしていきたいし、私も力強く訴えていきたい。

 夕方には、道庁前の反原発行動に参加しました。

 だんだん涼しさ(寒さ?)が増してきても、参加する誰もの気持ちは熱い!

 私も、先日の深地層研究センター調査なども交えてスピーチ。

 これ以上「核のゴミ」を増やすことなく、きれいな未来を次世代に引き渡すなら、原発は動かしてはなりません。

 【今日の句】 誰だって 人間らしい 人生を

2017年9月13日水曜日

どうして理解できようか

 定期的に開かれる「TPP11およびRCEPを考える院内集会」に参加。政府側の「交渉中でこたえられない」答弁連発に、参加者から不満の声!

 主催は「TPPプラスを許さない!全国共同行動」。

 今日の集会は内田聖子さん(アジア太平洋資料センター共同代表)の報告から始まり(私は参加できなかったのですが)、その後に外務省・内閣府・農水省との質疑という内容でした。

 TPPは先月、シドニーで高級事務レベル会合が開かれて、3つのワーキンググループでの議論が進み、次回会合は9月後半に日本で開催することになっています。

 RCEPは、今月10日にマニラで閣僚会合がおこなわれ、今年中に「重要な成果」を目指すことで一致し、来月に韓国で交渉会合が開かれます。

 昨日も書いたように、安倍政権が経済政策の柱として位置付けているだけに、中身よりも妥結重視で交渉しているのではないかと心配になります。

 参加された方からも、農家や市民の立場からでも「中身がわからない」と情報開示を求める声が次々と出されましたが、政府側は冒頭の答弁をくりかえすばかり。

 「ご理解ください」との答弁に「理解できない!」とのヤジも出て、さすがに私もマイクを握り、国会議員さえ情報が得られないのでは民主的プロセスを踏んでいると言えるのかと質しました。

 山田正彦さん(元農水大臣)もご自身の体験をふまえて、過去の通商交渉では「相手国からこう言われて、日本としてはこう答えています」と述べていたではないかと諭しました。

 今の安倍政権全体の隠ぺい性もありますが、参加国も多く交渉分野も広いメガ協定だから秘密に秘密を重ねるということになるのでは。

全体がパッケージと、よく政府側は言います。

 だからこそ問題なのでは、と。

 お互いのセンシティブな分野や、経済主権・食料主権にかかわることは脇に置き、一致できるところから合意するステップ・バイ・ステップ型の交渉とはできないものなのか。

 臨時国会でも取り上げていかなければと、あらためて強く感じました。

 【今日の句】 ていねいな 説明ここでも なかったな