2019年11月20日水曜日

政治の私物化は底なしの様相

 出るわ出るわ、安倍首相枠が1000人、自民党関係者枠が6000人、安倍昭恵氏の招待枠まであった「桜を見る会」。まさに税金を使った一大後援会行事ではないですか。安倍首相は「事務所から相談があれば意見を言うこともあった」と自分の関与も認めました。重大です。

 安倍首相は「前夜祭」についても後援会主催であることも明らかになりました。それなら収支資金報告書への記載が必要なはずです。「桜を見る会」同様、国会で明らかにするべきです。

 今日の北見市での活動でも「こんなことが平気で起こるなんてひどすぎるよ」とお怒りの方も。首相としての在職期間が最長となろうとも、問題はおこなってきた中身。安保法制=戦争法に象徴される立憲主義・平和主義をふみにじったことや、森友・加計・「桜」と政治の私物化やモラル崩壊、消費税増税に社会保障削減などで国民のくらしは厳しくなり、米国からは戦闘機の爆買いや農業へ打撃となる貿易交渉の押しつけ。一刻も早く安倍政権を変えなければと、地域をまわるたびに痛感します。

 国会で野党の幹事長・書記局長会談がおこなわれました。3点を確認したそうです。「国民投票法」は審議の継続を求めること、「桜を見る会」「前夜祭」にかかわり予算員会の開会を求めること、いつ解散・総選挙になってもおかしくない状況のもと候補者調整のためのテーブルを設置すること--です。国会情勢は緊迫化してきました。

 北見市から札幌への移動は、雪が降ったりやんだりの道。とりわけ厳しい北海道の冬ですが、寒さに負けず政治を変える道を語り合っていきたいと思います。この国の主役は安倍首相ではなく、国民一人ひとり。あなたであり、私です。

 【今日の句】反省を 言うなら質疑 応ずべき

2019年11月19日火曜日

どの町でも医療の安心を

 今日は網走市と小清水町へ。思ったより昼間は暖かくて宣伝も気持ちよく、手を振って応えてくださる方も多くいて嬉しい限り。まともな政治にしてほしいとの思いが伝わります。

 宣伝は村椿敏章市議とまわり、網走市内4ヶ所で。バスを待っていた方から「がんばってね」との声もかけていただきました。私からは「桜を見る会」疑惑とともに、安倍政権を終わらせた後の新しい政治の姿を訴えました。市民と野党の共闘が大きな力を発揮しているし、日本共産党が大きくなれば必ず政治は変わる!

 網走の党支部の会議に顔を出して、小清水町の赤十字病院を訪れました。厚生労働省が再編統合を迫っている公的病院の1つとして、名指しされている病院なのです。工藤孝一町議も合流して、発表の受け止めや地域で果たしている役割などをうかがいました。

 町にとって唯一の入院ベッドがあり、救急のときには駆けつけることができる、町民にとってはなくてはならない病院です。医師や看護師確保での影響は今のところないとのことでしたが、やはり一律の基準で発表されたことには驚きもあったようです。

 地域医療を維持することの大切さについて、あらためて確認しあう話ともなりました。医療費抑制を主眼にして地域の医療体制を壊していいのかと、あらためて感じました。こういうやり方では、ますます地域に住むこと自体がハンデとなってしまいます。

 どの地域に住んでいても、命やくらしは守られる。国が、そのことを基本にしなければならない。政府に何度でも訴えたい気持ちです。

 夜は網走市に戻って松浦敏司市議も加わり「党を語るつどい」を行いましたが、ここでも介護の現実が語られました。入院しても早く出されてしまうし、介護保険を使うにも使いにくい実態もあります。まず税金は命やくらしを守ることに使え!と、参加したみんなが思いを一つにしました。

 明日は再び北見市での活動です。

 【今日の句】冬が来る前に 急いでマイク持ち

2019年11月18日月曜日

雪にも負けず

 札幌での朝宣伝を終えて、雪道のなか北見市に到着。さっそく入党してくださる方を迎えて街頭宣伝や学習会などにも、とにかく時間の許す限り行動を! 新しい社会をつくる活動は楽しくて仕方ありません。

 入党してくださったのは60代の男性。菊池豪一市議への生活相談もきっかけに、結びつきが深まってきた方でした。「サインしてもいいけど何もできないよ」と話されるのですが、やっぱり今の政治にはお怒りとのこと。「桜を見る会」疑惑についても「もっと違うところに税金を使ってほしいよ」とキッパリ。

 このまま声を上げなかったら、また同じことがくりかえされます。「おかしいものはおかしい」と言い続けてきた日本共産党が大きくなってこそ、変化の土台は強まります。最後は「できることからでもいいなら」と決意してくださり、菊池市議や地元の党員さんともガッチリ握手。もちろん私も、です。

 夕方・北見駅前での訴えには、桜井由美子市議が同行してくださいました。なぜか夕方になってから気温が上がって雨のなか、それでも足を運んでくださる党員さんもいてありがたい。私からは「桜を見る会」疑惑についてと、市民と野党の共闘で新しい政治をつくろうとの訴えをしました。新しい政治を実現する準備は整いつつある、あとはみんなで力を合わせることだと力を込めました。

 夜は党内の学習会ですが、先日の第8回中央委員会総会で決定した大会決議案について話しました。予定の時間よりオーバーしたものの、最後まで集中して聞いてくださったことに感謝しきり。多くは私よりも党活動の期間が長い方ばかりで、こういう粘り強い活動によって日本共産党は大きくなったのだと再確認しました。終わった後に、みなさんが笑顔になっていたので少し安心しました。

 明日は網走市・小清水町へとうかがいます。やっぱり私はこうやって各地を回っている方が、力が湧いてくるタイプなんだと実感。明日も元気にがんばりたい。

 【今日の句】本気なら 必ず熱は 伝わって

2019年11月17日日曜日

くらしと生業の復興こそ

 昨年の地震から1年2ヵ月が過ぎても、くらしと生業の復興には、なお支援の力を必要とする厚真町。今日のテーマは「炭」。北海道の木炭生産は全国4位(2017年)で、厚真町も道内有数の産地なのです。

 ところが過去最大の山林崩壊で、原材料となる原木の不足が心配されています。1年2ヵ月が経っても山奥の民有地まで足を運べないし、もちろん作業道・作業場などもありません。山林所有者や林業関係者にとっては、見通しが見えてこない状況にあります。

 いま町内で出荷している、ただ1軒だけの「かまだ木炭」さんを伊藤富志夫町議と訪れました。先代から継いで3年目に地震を受けた鎌田武一代表は、窯だけでなく自宅も被害を受けました。「窯をつくるのに貯金もはたいたので、新しい家を建てるにも、まだ時間がかかります」と鎌田さん。

 「原木が足りないため自分で山を買おうとしましたが、それでも足りません。伐採できる山も少なくなっているとも聞きます」と、現状を説明くださいました。先月に森林組合でも同様の状況を聞いて危機感を覚え、今月の政府交渉でも林野庁に実情を伝えたばかり。あらためて政治の力が必要だと痛感しました。

 同じく木炭生産にかかわる方が応急仮設住宅にいらっしゃり、ここでも「材料が確保できるかどうかが悩み」で、生産の再開ができないでいます。木炭の生産には2日間かけて集中しておこなうだけに、人も雇わなければなりません。遠くから木材を確保すれば、重ねてコストもかかります。

 「家を建てることを優先していたが、業者も足りなくて順番待ち。坪あたりの単価が上がっているうえに消費税も上がって、昔だったら3軒は建てられる価格になった」と、堰を切ったように話されました。「桜を見る会」のような税金のムダ使いなどやめるべきですね、と私も応じました。

 まだまだ、くらしも生業も復興はこれからなのです。「働ける私たちはいいけど、高齢者は本当に困っているよ」との話も聞き、町は公営住宅の建設なども進める予定ですが、先が見通せるような情報の伝達や相談体制の充実も必要であることを感じました。具体的な要求をつかむことが大事だと、再確認しました。

 ちなみに厚真町へ行く前には、新日本婦人の会北海道本部の定期大会で来賓あいさつ。大会のオープニングで2年間の活動をまとめた上映があったのですが、各地で新婦人のみなさんが要求にこたえた活動を広げていることがよくわかりました。草の根の力こそ、社会を動かす確かな力なんですね。

 明日から北見市・網走市へ。寒さ対策もしっかりおこなわなければ。

 【今日の句】見るのなら 桜もいいが 被災地を

2019年11月16日土曜日

大きな文字に見た怒り

 安倍首相のウソやごまかしは絶対に許さない! 道革新懇や党道委員会で、札幌中心部で相次ぎ宣伝をおこないました。寒さが厳しくなってきたものの、マイクを握る方々の思いは熱い!

 「桜を見る会」で、いよいよ安倍事務所からの参加とりまとめ文書まで見つかるに至っては、安倍首相は国会で説明すべき。前夜祭での過少な会費も、記者会見だけでは説明として不十分です。国会での虚偽答弁も明らかになった今、国会で問いただす機会が必要なのに与党は拒否する構え。おかしいじゃないか。

 道革新懇では、安倍首相へFAXで送る一言メッセージも集めました。私が対話した方は「民間ならクビだ」と大きな文字で。自分の利益のために金を使い込んだら、罪にも問われることです。字の大きさから、怒りの大きさも伝わってきました。

 次々とマイクを握って私もスピーチ。最後は参加者が並んでコール。別の場所に移動して党としての宣伝でも「しんぶん赤旗」日曜版の見本を受け取っていく方の姿もあり、安倍政権が幕引きをはかろうと思っても簡単にそうはいかない。それだけ怒りの根は深いのです。

 夜は札幌東区で青年たちとの「JCPカフェ」。参加した高校生は、親が「しんぶん赤旗」を読んでいたこともあり「畠山さんを5歳のころから知っています」。そんなに長く政治活動をしてきたのかと、思わず苦笑してしまいました。

 「誰かの役に立つような生き方をしたい」「誰でも安心して学べる社会にしたい」と、自分たちの現状と希望を語る青年たち。自分が10代のころは同じことを考えていたかなと思うほど、しっかりした話に感心しました。それだけ青年たちのまわりに矛盾が満ちている、ということでもあるんですね。

 今の不平等な社会を前に「共産主義に関心をもった」という青年の話を聞いても、誰もが安心して過ごせる新しい社会の姿を示していく必要があると痛感しました。このような青年たちと、いっしょに社会を変えられるなんて嬉しいことだとも思いました。1人1人の能力の発展が、社会の発展につながるような未来を!

 【今日の句】ウソをつくことに 痛みがない総理

2019年11月15日金曜日

札幌からカジノ反対の声を

 党道委員会による「北海道にカジノはいらない」緊急集会には、雪にもかかわらず多くの方がご参加くださいました。さらに反対世論を大きくしていきたい。そう誰もが感じた集会となったと思います。

 先月、市民からの懸念や批判があるもとで、苫小牧市議会ではIR誘致推進決議が賛成多数であげられました。あわせて市が提出した関連予算も可決されました。この決議が判断材料の1つになると、道側が述べたとも報じられています。鈴木知事が年内にも判断か、という時期だけに急いで全道的な世論にしなければなりません。

 苫小牧から来てくれた「カジノ誘致反対市民の会」事務局長の小形尚子さんは、市民の強い反対の声をふり切って議決したことを批判。「会」として反対署名も合計2万155筆を届けてきたとのことと合わせて、「子どもの未来にカジノはいらないと、全道に広げてください」との呼びかけに大きな拍手が寄せられました。

 多重債務やギャンブル依存などの相談活動を続けてきた「札幌陽は昇る会」事務局次長の岩間香奈子さんは、「夫が勝手に自分の預金通帳を持ち出すことも」などの相談実例を紹介し、「カジノで負けた時に貸付できるということは、多重債務者を増やすだけで見過ごすことはできません」など強調されました。

あらためてカジノ解禁の背景や問題点、今後のたたかいの方向を報告したのは大門実紀史参議院議員。改憲をめざす安倍首相が維新と解禁を進めたことや、米トランプ大統領の要請に応える政治的背景を明らかにしながら、「たたかいは現場から。反対運動の強弱は米カジノ資本も見ていること」と、北海道とりわけ札幌での運動が発展するようなエールを送られました。

 焦点となる道政で、これまでの論戦と活動について日本共産党・宮川潤道議が報告もしました。知事選では「道民目線で判断する」と述べた鈴木知事ですが、道は厳しい規制や適切な普及啓発をおこなうことで「健全な娯楽となりうる」と答弁したと告発。「北海道にカジノをつくらせない世論を広げよう」と呼びかけました。

 参加者だけでなく道民の多くは、豊かな大自然と食の宝庫としての北海道に誇りを持っていると思います。カジノ解禁で北海道のイメージが汚れるだなんて許されないし、実害としても道民の懐を狙うだなんて許されない。今日を機に、各地域で世論を広げようとの決意があふれた集会になったと思います。

 国民からカジノで収奪し、消費税増税も押しつけながら、みずからの後援会員は「桜を見る会」で接待するなど、こういう点からも腹立たしい安倍政権。私も力を尽くします。

 【今日の句】奪うだけ奪って 総理は私物化し

2019年11月14日木曜日

入党50年の方の思い

 北海道各地で大雪の予想で、羽幌町からの移動も強風でしたが無事に札幌へ到着。事務所スタッフの運転に感謝です。道内をまわる活動は、これから冬の間はこのような感じが続くことになります。

 「冬こそJR」と宣伝していたJR北海道も安全確保を理由に、吹雪などで運転を取りやめることも目立ってきました。車やバスだって吹雪けば運転は厳しいだけに、しっかり鉄路を公共交通の柱として国が位置づけるべきだと、冬が来るたびにつくづく思うのです。

 天候事情もあり、羽幌町では午前中に金木町議のお宅を借りて「語るつどい」。ちょうど入党50年の方へのお祝いもおこない、私から50年証をお渡ししました。私が生まれる前から活動されてきたわけですから、長年の奮闘に心から感謝と敬意を表しました。

 つどいでの話題は「桜を見る会」や、若い人たちとの結びつきなどなど。入党50年の方が「自分も熱い思いで入党したものだった」と初心を語られたことをきっかけに、いろんな苦労がありながらも「市民と野党の共闘」に日本共産党が除かれることなく一翼を担っていることにも話が弾みました。

 私の入党は1991年。当時は旧ソ連の崩壊などもあり日本共産党が異端に見られていた時代でした。その時から比べても隔世の感があるのに、50年も活動された方にとっては万感の思いがあるんですよね。人口減少が続く町村においても、引き続きがんばりましょうと話を終えました。

 天気が心配ですが、明日は国会から大門実紀史参議院議員を招いて「北海道にカジノはいらない 緊急集会」をおこないます。札幌市教育文化会館で午後6時30分からです。近郊の方が中心となるかと思いますが、ぜひ足をお運びください!

 【今日の句】寒さにも負けず 続けた歴史あり