2017年10月23日月曜日

たたかう仲間とともに

 最終得票で、北海道比例区は7695票差の次点でした。あらためて議席を失ったことをお詫びし、新たなスタートをきる決意です。

 朝の札幌駅前で、一緒に比例候補としてたたかった川部竜二さん・本間勝美さんと結果報告の街頭宣伝にとりくみました。

 こうやって比例候補5人でたたかいました。

 川部竜二さんは、大学時代に北海道と宮城県(私)とで学生自治会活動をおこなった仲。

 人の話に耳を傾け、人間の平等については強い思いをもつ方なのです。

 本間勝美さんは、自他ともに認める「函館愛」のもと、函館の隅から隅まで語れる方。

 病院勤務・市議会議員も経験して、くらしに密着して論戦ができる即戦力です。

 他に比例候補は、2区重複の金倉昌俊さんと、比例単独の佐々木明美さん。

 金倉昌俊さんは、2人の子を持つやさしいお父さんで、子どもたちも昌俊さんのことが大好き。

 平和の思いにあふれる訴えは、聞いている方の心を打つものでした。

 佐々木明美さんも、子どもたちの未来に戦争などさせないと、平和の強い思いを連日訴え。

 いつもにこやかで、手稲区の党員・後援会員が「やさしく頼れる」候補として活動してきました。

 どの方も国会でいつでも働ける力のある候補ばかりで、いっしょに選挙をたたかえたことを本当に嬉しく思います。

 離合集散や党利党略がひどすぎる、この間の政党の状況。

 そのなかで、ぶれずに候補として活動できるということは、私たちの誇りです。

 この党の値打ちを、さらに多くの方に知ってほしい。

 今日は団体などへあいさつにまわり、いろんな思いを伺いました。

 「もっと組織としても力をつけなきゃね」

 「モヤモヤしていて、朝から仕事にならなかった」

 「捲土重来、がんばりましょう」

 などなど、ありがたい言葉もいただきました。

 選挙をいっしょにたたかうのは候補とともに、党員・後援会員のみなさんとともに。

 新しい政治をきりひらく力も。やっぱり現場にある。

 いっしょに手をつなぐ活動に、力を注いでいきたいです。

 さて、落選議員は「議員会館」「議員宿舎」をすべて片付けて、新しい当選議員に引き継がなければなりません。

 今回はトランプ大統領の訪日にあわせるため特別国会を早く召集することから、早く引き継ぎをしなければならないのです。

 明日に上京し、今週中には議員室もカラにします。

 道民の声を届ける部屋を明け渡すのは、やっぱり気持ちが重くなります。

 しかし、不屈にたたかってきたのが日本共産党!

 負けていられません。

 【今日の句】 何度でも 立ち上がってこそ 共産党

お礼と決意

 北海道比例ブロックで議席獲得はなりませんでした。たくさんの方の支えに、心から感謝を申し上げます。

 ありがとうございました。

 党員・後援会員・支持者のみなさんに、今回は「市民と野党の共闘」が実現したなもとでのご支援もいただいたのに、議席に届かなかったのは私の力不足です。

 ご期待に応えることができず、本当に申し訳ありませんでした。

 急な解散のもとで、チラシをまき、電話をかけ、宣伝カーにも乗り‥‥と党員・後援会員のみなさんの大奮闘を実らせることができず、申し訳ない思いでいっぱいです。

 新しい国会勢力を見ると、改憲政党が多数を占める状況となりました。

 ここで立ち止まっている暇はないと思っています。

 公約したことの実現へ、とりわけ憲法改悪を止める、道民の幅広い連帯を広げていきたい。

 JR北海道の廃線問題も、これからが大事な時期を迎えてきます。

 くらしの深刻さは全国に比して増している北海道で、社会保障の改悪なども認められない。

 議員としての仕事はできなくても、北海道でやれることはたくさんあります。

 そもそも政治を動かすのは市民の力なんですから。

 だって憲法には国民主権が明記されている。

 憲法のうえに自分を置く安倍首相のもとで、壊されてきたのは民主主義であり国民主権だと思います。

 その矛盾は深く沈殿している。

 北海道で協定書も結んで実現した共闘は、その矛盾に対する選択肢を示し、自民候補を追い落とし結果を出した小選挙区も生まれました。

 市民団体のみなさんとの、新しい交流も生まれました。

 また今日から新しいスタートです。

 すでに今朝となりますが、8時15分から札幌駅南口(国際ビル前)で、紙智子参議院議員と結果報告の街頭宣伝をおこないます。

 お寄りできる方は、ぜひお聞きください。

 【今日の句】 改憲を 止める狼煙を さあ上げる

2017年10月21日土曜日

あなたの1票が政治を変える

 12日間の選挙戦が終わりました。明日の投票日、小選挙区は「市民と野党の統一候補」へ、比例代表は政党名で「日本共産党」とお書きください!

 振り返れば、あっという間の12日間。

 無事に走り抜けられたのは運転手さんたちの力であり、その間もマイクを握り続けたアナウンサーさんたちの力もとても大きかった。

 手を振り続けて「もう肩が上がらない年なのよ」と笑う女性もいました。

 一般の方にはわからないでしょうが、全体を取り仕切る「車長」さんという役割の方もいて大きな役割を果たしていただきました。

 そして道内各地では、チラシをまく方、メガホンで訴える方、電話をかけてくださっている方‥‥地域・職場・学園、そして選対事務所のみなさんの力があってこそ選挙はたたかえると、あらためて実感しました。

 今日も労働者後援会のみなさんがドラムで鼓舞激励していただき、現場の空気を変える大きな力を発揮していただいたことは本当に感謝の言葉しかありません。

 また、安倍政治を終らせるために候補を取り下げた仲間のことは、しっかり記しておきたい。

 森つねと(1区)・かわべ竜二(3区)・佐々木明美(4区)・おぎう和敏(6区)・本間かつみ(8区)・女鹿武(10区)・佐々木としこ(11区)の計7人が、候補を取り下げました。

 どの方も国政で働ける即戦力ですが、大きな目標に向かって決断され、しかも各地で比例押上げと統一候補の勝利に向けた活動にも力を尽くされてきました。

 私利私欲でなく、力を合わせてたたかえるのが日本共産党のすごいところ。

 だから正面から政治をただせる力があるのです。

 日本共産党のこういう面も、ぜひ多くの方に知ってほしい。

 どこでも「安倍首相はひどい」「必ず辞めさせてくれ」などの声が寄せられました。

 たくさんの切実な声も聴きました。

 「孫が年収200万円の仕事で、年金保険料は払えないし、社会保険にも入っていない」

 「知人に自衛隊員がいる。心配になる。必ず憲法9条を守ってほしい」

 「少ない年金で暮らしている私たちのことを考えた政治にしてくれ」

 他にも紹介しきれないほど、多くの方に声をかけられたんです。

 この声を、必ず国会へ届けなければ!

 日本共産党の議席の値打ちって何だろう、とあらためて考えました。

 1つは、国民の立場からの「政策力」。

 どの党もそれらしい政策は掲げますが、問題は「国民の立場」なのかどうか。

 2つに、ぶれないで平和と憲法9条を守りぬける力。

 自民・希望・維新が憲法9条の改定で足並みをそろえるなか、ここは日本共産党の議席が伸びないといけない。

 3つに、市民と野党の共闘を前へ進める力です。

 いろんな党や政治家の離合集散を目にして、政治不信が強まっていると思います。

 そういう時こそ、日本共産党の存在医意義は大きいと思うのです。

 だから日本共産党の議席が必要だ--北海道では唯一の日本共産党衆議院議員であり、この議席を失うわけにはいかない。

 一方で、条件が広がるもと最後まで比例2議席の前進をめざしたい。

 比例区は大混戦になっています。

 時間の限り「小選挙区は統一候補、比例代表は日本共産党」と訴えたい。

 この国を変えるのは安倍首相ではなく、あなたの1票です。

 あなたの願いを日本共産党に託してください!

 【今日の句】 共闘が 政治変えると 確信し

2017年10月20日金曜日

この連帯の力で

 札幌市内をまわり、道庁前の反原発抗議行動にも参加。今日最後のススキノでの訴えには、この特大プラカード!

 労働者後援会のみなさんを中心にした大宣伝に、本当に励まされる。

 金曜日の夜のススキノは、各党各候補が集って訴えるのが恒例の光景。

 そのなかでのこの宣伝が、一番目を引いたはず!

 市民の風・北海道のみなさんとも、朝に手稲駅でお互いにエール交換し、他の宣伝場所にも旗をもって駆けつけてくださるなど、本当にありがたかった。

 そして夜の道庁前反原発行動で、あたたかい激励も多くいただきました。

 道庁前で聞いたこと・話したことが、私の政治活動の土台になっています。

 原発事故で故郷を離れざるを得なかった方、病身でありながら毎週声をあげる方、いつもスピーチを通して私のことを支えてくれる方、語らずとも毎週現場を支えるスタッフのみなさん‥‥参加された方のスピーチも含めて、道庁前から本当に多くのことを学びました。

 投票の基準は政策もあるでしょうが、議員・候補のこれまでの活動についても審判を受けるもの。

 言行不一致ではダメだし、まったく国民の方を向いていないのもダメ。

 私がイチ有権者なら、市民との接点で行動してきた議員・候補を推します。

 そういう私とてまだまだですが、その接点のない議員では、質問も足場を持たないものになってしまうと思うのです。

 しっかり受け止めた活動をしなければ、とあらためて思いました。

 さて明日は、いよいよマイクを通しての訴えも最終日。

 最終日になると名前の連呼が目立つ候補もいるようですが、日本共産党は最後まで政策を訴えぬきます。

 右のとおりですが、紙智子参議院議員と入れ替わりで金倉まさとし2区候補と共同の訴えもおこないます。

 まだまだ投票先を悩まれている方も多いでしょう。

 どうぞ私の訴えもお聞きいただけるよう、近くの方は足をお運びください!

 【今日の句】 仲間って ほんとに嬉しい 存在で

2017年10月19日木曜日

激励を糧に

 今日は釧路市から始まり十勝管内へ、帯広市では石川かおり小選挙区候補・紙智子参議院議員と並んだ街頭演説ですごい熱気!

 報道各社も多数いるし、後で握手にまわっても全然握手しきれないほどの数でした。

 帯広市を含めた11区は、日本共産党・佐々木としこさんが立候補を取り下げたところ。

 としこさんは帯広市議を勤めた即戦力で、台風被害調査や政府交渉にも取り組んできただけに、候補取り下げは残念なことなのです。

 しかし、今回の選挙は安倍政治の暴走を終わらせて、憲法九条の改悪を許さない結果をどうしても出さなければいけない。

 市民と野党の共闘の道こそ新しい政府をつくる土台だし、さらに前へすすめなければいけないのです。

 だから党としても決断し、としこさんも立候補しないこととした。

 その意味を党員・支持者のみなさんも理解いただき、今日の街頭演説でも石川候補に大きな拍手が寄せられていました。

 そして比例も、私の再選と2議席へ!の訴えにも力強い拍手。

 全道を10日間まわりましたが、こうやって多くの方に支えられていることが本当にうれしく、ありがたい。

 大学院時代の恩師も激励にかけつけていただき、感謝に堪えません。

 音更町では農協駐車場にて、職員のみなさんも外に出て演説を聞いていただきました。

 このブログからも感謝を申し上げます。

 最後の芽室町では、気温5度くらいでも最後まで多くの方が話を聞いてくださいました。

 最後に「共産党!」と力強いコールもあり、私もグッと拳をあげました。

 先ほど札幌に着き、明日と明後日は札幌での訴え。

 金曜日なので、夜には道庁前の反原発行動にも足を運び、最後は人でにぎわうススキノへ。

 昨日はかすれ気味だった声も、なぜか今日は見事に復活して、このまま最後までいけそうです。

 演説場所は右のとおりですので、お近くの方はぜひお聞きください!

 【今日の句】 ぐんぐんと 勢いつけて 最終盤

2017年10月18日水曜日

酪農の初質問を思い出し

 網走市で冷たい初雪に遭ったものの、夜の釧路までどこでも熱い反応! 7区・石川明美候補と気迫を込めて訴えました。

 朝の北見市は晴れていたのに、網走へ向かい始めると黒い雲が‥‥と思っているうちにパラパラパラッとあられが!

 みぞれのようになったり、あられのようになったりをくり返し、街頭演説に聞く人も寒いだろうなと思っていたら宣伝場所ではあがったり。

 秋というより初冬の北海道ですが、コロコロ天気が変わる毎日です。

 美幌町から美幌峠を通って弟子屈町・標茶町へ。

 標茶町では、なんと農協の駐車場をお貸しいただき、寒い中役員の方も外で私の演説を聞いてくださいました。

 標茶町の基幹産業は酪農です。

 あらためて思い出したのが、私の初質問。

 前回の総選挙で躍進し、最初の質問者として(しかも1ヵ月も経ってないのに!)緊張のなか酪農問題を取り上げたことを今でも覚えています。

 加工原料乳の補給金単価についてですが、当時は3年連続して道内で200戸が離農するなどしたなかで、補給金を引き上げて酪農経営を支えよ!という質問でした。

 TPPのことも取り上げて、最後には「北海道で私が選ばれたのはTPP反対の意思表示だ」という趣旨でまとめたりもしました。

 生き物が相手ですから、まさに24時間365日つきっきりとなるのが酪農。

 外国産乳製品などの大量輸入もあり、安倍政権は規模拡大と効率化・機械化などを推奨してきました。

 同時に、牛が多くなれば目が届きにくくもなるし、糞尿処理も課題だし、機械の導入は負債の拡大にもなる。

 適当な規模で飼っている家族経営を支えずに、大規模農家だけを支援しても地域社会での広がりはつくれません。

 TPP復活や日欧EPAの問題もあるし、酪農をこれ以上苦しめるな!というのが私の強い思いです。

 現場の実態、あらためて国会へ届けたい。

 夜に釧路市で石川明美7区候補との合同演説は、石川候補も気合十分!

 投票日までは残り3日間ですが、訴えに訴えぬきたい。

 明日は釧路市から十勝管内を中心にまわります。

 お近くの方はぜひ!

 【今日の句】 この時期も やっぱり雪の 選挙なり

2017年10月17日火曜日

誰が地域を疲弊させた

 みぞれも降り、雷も鳴って、吐く息も白い上川管内から北見市まで。今日は農業・JRの訴えに力を込めました。

 旭川→比布→当麻→上川と、いずれもコメどころ。

 農水委員会にいた者として、安倍政権の農業・農協つぶしに多くの農家が不満を募らせていることを実感してきました。

 来年度からコメの直接支払交付金7500円/10アールがなくなります。

 規模の大きいコメ農家が多い北海道では、今後の経営に不安を持たれている方も多い。

 そうでなくてもミニマムアクセス米の輸入などで価格が下がり、さらにTPP復活となればさらに輸入が増える。

 行き過ぎた農産物の輸入自由化がもたらしたものは、日本の食料自給率38%という現実。

 それなのに安倍政権は、海外輸出ばかりを強調し、企業への開放として種子法まで廃止してしまいました。

 こんなに食と農を粗末にする国には未来はない!

 日本共産党は価格保障・所得補償の強化、新規就農者への支援などともに、行き過ぎた農産物輸入自由化を見直します。

 国会で追及の先頭に立ってきた私にとって、TPP復活など到底認められません。

 まして鉄路がなくなれば、地域の疲弊が進むことになってしまいます。

 高校生の通学、高齢者の通院、農産物の輸送、観光の交通手段……こんなに鉄路が必要とされているではないのか。

 日本共産党は、国の責任とJRグループによる交通基金をつくって路線を維持するなど鉄路を守る提言も発表しています(こちら)。

 札幌での政党討論会では、自民・公明ともに全路線を守るとは明言しませんでした。

 しかし自民党は30年前、国鉄の分割・民営化の際の新聞広告で「ローカル線はなくなりません」と約束していたのではなかったか。

 国民の移動権を守るのは、ヨーロッパでは当たり前のことであり、日本もその立場に立つべきです。

 道内各地で鉄路を守る「オール北海道」の流れを、日本共産党も先頭に立ってがんばりたい。

 --このような訴えをしています。

 夕方は遠軽町、夜は北見市内での演説会。

 北見でも熱気が溢れ、必ず比例区で議席を、小選挙区でも菅原まこと候補の勝利を!と私からも呼びかけました。

 握手をしていたら「私は自民党支持者だったんだよ」という男性が、「でも81歳で共産党に入った。いま86歳」と!

 励ましていただき、本当にうれしい限りです。

 明日は北見から網走・美幌をまわり、今日初雪が降った釧路市まで向かいます!

 【今日の句】 1俵の 重み託して 1票に