2018年7月20日金曜日

離れているのは島ではなく政治

 今日は幌延町・遠別町で「つどい」、羽幌町では懇談にまわっていた途中に、稚内市での「つどい」の参加者が入党されたと嬉しい報告もありました。

 なかなか来れない地域をまわるだけに、多くの方と出会えることだけでも嬉しくなります。私の話や、参加者同士の交流も通して日本共産党への信頼を高めてくれることが、さらに嬉しい。国会ではカジノ解禁法案が成立のようですが、国会の外では安倍政権を変える力がコツコツと広がっているのです。

 幌延町では深地層研究センターがあるだけに、原発や再生可能エネルギーの問題に話が集中しました。鷲見悟町議からリアルな町政報告も話され、粘り強い運動と「政治を変えて地域を変える」ことも話し合われました。

 遠別町では、農家である木村ひでお町議から開拓の歴史や農家の減少について、ここでもリアルな発言がありました。人口減少に悩むのは道内どこでも共通ですが、展望を持って第一次産業に取り組めることこそ対策のカナメであり、そのために国が大きな目標をもって支援を強めるべきと私からも訴えました。

 羽幌町では金木直文町議と、町役場と沿海フェリー社を訪れました。小樽海技学校の廃校問題で船員確保が難しくなるのではと不安が広がるなかで、天売島・焼尻島を抱える羽幌町で現状を聞くことができたのは大きな意義がありました。町役場で聞いた「生活物資を運ぶ航路も、国道と同じように見てほしい」との言葉は目からうろこでした。

 私の母の実家も離島なのです。子どものころは「どうして離れた島に住んでいるんだろうか、不便じゃないんだろうか」と思ったものでした。しかし、いま感じることは離れているのは島ではなく政治だということです。漁業や観光で働く方がいる島の生活を、しっかり支えるのは政治の責任。船員確保も含めて、しっかり現状を国へ届けなければと思いました。

 どの町でも日本共産党の地方議員が、くらしや地域に根付いた活動をしていることも今日、あらためて実感しました。加えて、事務所スタッフの妹さんが夜に食事のお弁当まで持ってきていただき感激の極み。とてもおいしくいただきました!

 【今日の句】強行の 数だけ民意も 離れてく

2018年7月19日木曜日

人の命より賭博を優先か

 表敬訪問や街頭宣伝、「つどい」などで稚内市内を駆け回りました。安倍政権への批判の声は稚内でも大きい!

 特に「つどい」ではカジノ解禁法案について「どうして賭博を進めようとするのか信じられない」「アメリカのカジノ業界から献金をもらって、もうけもアメリカに行くんでしょ」などの声が次々。一方で参院内閣委員会では法案の採決が強行されたとかで、本当に腹立たしい!の言葉に尽きます。

 「不信任案を連発する野党もだらしない、との報道を見ましたが」との質問もありました。数の力で採決を強行する以上、野党として食い止める手段としては不信任案を出して審議を止めることはあります。ただ提出する以上は理由も必要ですし、実際、それだけの理由が十分な政府・与党だと思います。

 合わせて知ってほしいのは、野党として法案も提出しているし、その審議は与党が拒否している事実です。一例は、被災者生活再建支援法の改正案。住宅再建への支援金300万円を500万円まで引き上げる法案ですが、豪雨被害もあったなかでカジノ解禁より優先して審議すべきことではないのか。野党がだらしないのでなく、与党が独善的な国会運営をしているということなのです。

 人の命より賭博を優先するような、そのために国会会期を延長したのでしょうか。被災された方々は、この政治の現状をどう感じているのでしょう。悲しくもなりますが負けてもいられない。やっぱり安倍政権をどうしても終わらせないと。

 話は前後しますが、表敬訪問では稚内市の現状なども聞きました。水産加工の現場では原料不足に苦労していること、酪農家で若い力が増えていることなどなど、現場をふまえて国に働き掛けることの大切さをあらためて実感しました。力強い激励もいただきました。

 明日は幌延町・遠別町・羽幌町とまわります。

 【今日の句】胸はって カジノの意義を 言えるのか

2018年7月18日水曜日

広がる共同の輪

 今日は紋別市議選の応援からスタート! その後はバスなど乗り継ぎ4時間半かけて稚内市へ、元気な「つどい」に参加しました。

 紋別市は野村淳一候補が、懸命の訴えです。なにしろ病院での医師不足や、国保税・介護保険料などの値上げが市民生活を直撃しているだけに、日本共産党の議席はどうしても必要なのです。それを一番知っているのは、長く議員をされてきた野村候補だからです。

 私からも、元市職員が「野村さんの質問には緊張感がある」と言っているのは、市民の声にもとづいた説得力があるからですと紹介しました。選挙は、どの候補も「市民の声を届けます」と約束します。もちろん大事なことですが、さらに深堀りして質問をするのは日本共産党・野村淳一さんだからこそ。ここを一番知ってほしく、私も力を込めて訴えました。

 その後は雄武町→枝幸町とバスに乗りましたが、本当に北海道は広い!と痛感。紋別から稚内まで小選挙区の範囲ですが、斜里町から数えたら稚内まで車で7~8時間はかかるのではないでしょうか。それだけの広い地域でも、どの町でも私のポスターを貼っていただいているのです。感謝の一言しかありません。

 稚内市に着いてからの「つどい」では、とにかく話題が途切れないほどでした。安倍首相の「ずるさ」から、稚内市の防災対策、戦前からの共産党のがんばり、家庭での共産党についての考え方の違いなども出されて、みなさん語りたいことが山盛りなんだなあと実感しました。

 私から、だからこそ日本共産党員が各地にいることが大事だと話しました。人を人とも思わない暴言や残虐な事件もあるなかで、人の痛みを自分の痛みとして、社会を根っこから支えている党員の大事さを強調しました。うれしいことに「書いてくればいいんだね」と入党を約束される方もいらっしゃいました。

 稚内市でも、平和のとりくみや医療を守るとりくみで共同の輪が広がっています。そのなかでも日本共産党果たしている役割は大きい。明日も稚内市内を1日まわって、いっしょに政治を変える展望を語り合いたいと思っています。

 【今日の句】どの町も 命の守り手 共産党

2018年7月17日火曜日

空襲を受けた町でこそ

 町議選が始まっている本別町へ。日本共産党の、あぼ静夫候補を再び議会へ送ってほしいと町内をまわりました。

 あぼ候補は議員7期を務めたベテランですが、どの選挙にも「大丈夫」ということは絶対にありません。これまでの実績とともに新たな決意、安倍政権への審判などに、あぼ候補は熱く訴えました。

 一昨日は、本別町でも空襲を受けて40人が亡くなられた日。当時、室蘭や釧路、根室などとともに本別町にも大きな被害があったのです。町民にとっても「記憶として引き継がれている」(あぼ候補)ことであり、安倍政権が9条改悪をねらうなか町議選挙では平和を守る日本共産党の議席をとの訴えでした。

 もちろん町の課題でも、入学準備金の3月支給や住宅リフォーム制度の導入などに道を開いてきたこともあり、まさになくてはならない議席が、あぼ候補の議席なのです。私からも、2年前の台風被害で朝から被災箇所を回った、あぼさんの姿を知っているだけに、どうしても議会に必要ですと訴えました。

 ちょうど国会では日・EUの経済連携協定の署名がされた今日でした。安い農産物の輸入拡大を前に、農家の不安も広がるばかり。あぼ候補自身も農家であるだけに、農業を守るためにもご支援をとも強調しました。

 日本共産党の1議席というのは、本当に大きな大きな意味を持つ1議席です。何としても勝ち取ってほしい。

 明日も選挙の応援で、今夜のうちに紋別市に入りました。佐々木とし子道議予定候補や陸別町の谷ゆうじ町議が車を出していただき、本当に感謝!

 【今日の句】また今日も 与党の強行 目の当たり

2018年7月15日日曜日

先輩の積み重ねがあったから

 今日は党創立記念日。街頭からも日本共産党の歴史を語り、地域もまわるなか「記念日ならば」と5人の方が赤旗日曜版をお読みいただきました。

 日中の札幌は雷が鳴り響き、腹に響くほど! 奇跡的に宣伝のときには雨もあがり、車の窓を開けて手を振るお母さんと子どもの姿もありました。宣伝をずっと聞いていて、終わった後に豪雨被害への救援募金に応じてくださる方も。しっかり被災地へ届けます。

 今年はカール・マルクスの生誕200年でもあります。科学的社会主義を打ち立て、日本でも「資本論」「共産党宣言」などが大きな影響を与えました。一方で日本では、全国での労働争議や米騒動などくらしを守るたたかいや自由民権運動・大正デモクラシーなどの流れもあり、そのうえで日本共産党は創立されたのです。マルクスの設計図で、つくられた党ではないということです。

 戦前の日本では、侵略戦争に反対することが党の旗印でした。そのため絶対主義的天皇制に反対したことから、私たちの先輩は「非国民」「アカ」など不当な差別を受け、特高警察による不当逮捕や拷問・虐殺もおこなわれました。

 しかし、日本国憲法に戦争放棄や基本的人権の尊重が盛り込まれ、私たちの主張が正しかったことが証明されました。日本共産党が「ぶれない」と評されるのは、その方針とともに歴史に裏付けられた姿勢にあるんですよね。

 だから旧ソ連や中国が「言うことを聞け」と押しつけてきたときも真っ向から批判し、自主独立の立場を確立することになりました。その後の旧ソ連崩壊には「もろ手を挙げて歓迎」とのコメントも出し、私たちの綱領にもしっかり明記しました。日本共産党は、独裁や強圧に立ち向かってきた党なのです。

 国内政治では長く「日本共産党を除く」体制や「2大政党制」キャンペーンのもとで、前進できない時期も味わいました。しかし、いまや「市民と野党の共闘」に日本共産党が欠かせない存在になり、新しい政権をめざす地点にまでいます。先輩たちの長く粘り強い活動が、ここまで情勢を変えてきたのでした。

 街頭でも訪問でも、このような党の歴史を紹介しました。「自分に何かできるなら」と快く購読もOKしてくれた男性は、「安倍政権を本当に終わらせないと大変なことになる」と期待の声を寄せてくださいました。その期待に、何としても応えたい。

 私の入党は学生時代、党員だった先輩が「侵略戦争に反対したのは日本共産党だけだったんだよ」と教えてくれたことがきっかけでした。その一言がなければ、今の私はありません。その「一言」を言える党員が各地にいることで、政治は必ず変えていくことができると思うのです。

 ブログをお読みのあなたも、この機会に日本共産党のことを、さらに知っていただければと思います。そして仲間となって、いっしょに世直しを!

 【今日の句】あきらめぬ 大事さ今は よくわかり

2018年7月14日土曜日

地域の底力で鉄路は再生できる

 JRと車を乗り継ぎ、釧路市から浦河町へ約6時間。「JR日高線の再生を!」フォーラムに参加してきました。

 高波による被災を復旧せず、JR北から放置され続けて3年半。JR北は廃線とバス転換を狙ってきても、住民や「JR日高線を守る会」のみなさん、首長さんなどの声が食い止めてきました。その「JR日高線を守る会」が主催してのフォーラムです。

 パネリストは3人で、池田拓・浦河町長、宮田和保・JR北海道研究会代表、地脇聖孝・安全問題研究会代表の各氏。経過も現状も知っているつもりの私でしたが、あらためて3人の話を聞くことで日高線を存続させる意義が明らかになったと思いました。

 池田町長は「私はJRの応援団」と切り出し、そもそもの誤りは国鉄の分割・民営化にあったことを指摘したうえで、道路・港湾・空港は国や自治体が責任を負うのに、なぜ鉄路だけはJRに任せるのかと強調。北海道の鉄路は食料供給や観光など日本を支えている大事な役割があることと、株主は国が100%であるのだから国が責任をもってほしいとまとめました。

 宮田代表は、ドイツの木材産業従事者が自動車や電機関連より多いことを紹介し、「地域を衰退させると格差が広がりファシズムが生まれる」という教訓から地域を維持することが政治の役割になっていることから話されました。これだけの鉄道格差や「赤字だからダメ」と言っているのは日本ぐらいで、鉄道の社会的性格を認めることをすべきと強調。支える財源も、本州のJR3社の法人税を特定財源化することや、JR各社で基金をつくるための拠出など、さまざまなことができると述べました。

 地脇代表は、「輸送密度が低いから維持できない」というのは本当かと、その計算方法に疑問を投げかけました。全国で、まちづくりの中に鉄道を位置づけている事例、あるいは鉄道を中心としたまちづくりの事例を紹介しながら、国の責任で維持することを求めるとともに、地域で知恵と力を出すことや観光地としての日高の価値にも触れて、再生に向けた方向性を示唆されました。

 参加者からの発言では「政府が2年間の支援を決めたというが、どう見たらいいのか」「存続をあきらめてる人もいるが、今日のような話し合いが大事と感じた」「地元道議がバス転換へと急いでいる動きが心配」「自然を生かした観光に力を」など次々と発言があり、パネリストからも応じた発言がありました。地元の人の発言の後に私も発言しようとしていたのですが、熱がこもって発言が長くなる方もいて時間切れとなってしまいました。それだけみなさん、鉄路の維持へ思いが込められているということなんですね。

 「JR日高線を守る会」代表の村井直美さんが最後に、「私たちはもっと怒ってもいい」と強調され、同時に「地域を底力を感じるような集会でした」とまとめました。私も同感です。今こそ「地域の底力」を発揮すれば、安倍政権の暴走を終らせる道は開けるし、鉄路の再生も展望が生まれることは欧州の「鉄道復権」が証明しています。傍観や評論ではなく、当事者として道民みんなが関われる状況や世論にしていきたいと私も思いました。

 【今日の句】鉄道は 人の出会いも 運んでる

2018年7月13日金曜日

鉄道と私の接点

 JRに乗って4時間半、今日は釧路市へ。2ヵ所の「つどい」とJR問題講演会で、たっぷり話をさせていただきました。

 花咲線・釧網線は沿線自治体首長さんで維持に向けた動きがあり、どちらもかかわるのが釧路市。今日の講演会には元国鉄職員さんも多くいて、JR北海道の不誠実な態度や人減らし、使い勝手の悪さなどとともに観光推進としての提案を求むというご意見もいただき、私自身も学ぶことの多い会でした。今後の活動に生かしたい。

 私からは、JR北海道の赤字がなぜ膨らんだのか、新幹線の札幌延伸との関係をどう見るか、道内の首長さんの反応、諸外国の例などを交えながら日本共産党の提言も紹介しました。思ったより時間が足りなくて焦りましたが、それだけ鉄路の問題は緊急的な対策も、根本的な見直しも必要な問題ということです。

 話の冒頭に紹介しましたが、鉄道問題と私の接点の1つは、国鉄の分割・民営化にともなう採用差別事件でした。労働争議の状況を交流して団結を固めあう、札幌駅前での「1の日行動」集会が毎月ひらかれて私も参加していました。当時、保育園に通っていた娘を迎えに行って、そのまま集会に参加したときのことを話しました。

 冬の雪の日の集会でしたが報告が熱を帯びて、終わるころには頭に雪が積もるほどの日でした。終わったあとに娘がひとこと「パパの友達ってたくさんいるんだね」と、頭の雪も気にせずに話したことには驚きました。私に友達が他にいないということでなく、雪のなかでも熱心に話し合う姿の連帯や団結の姿勢に触れて、娘なりに「たくさんの友達」と表現していたのだと思ったのです。

 安全問題が浮き彫りになったときに、JR北海道(JR各社もですが)の人減らしが大きな問題となりました。それでも安全であることの帳尻合わせをするため、検査内容の改ざんにまで追い詰められました。JR北海道の赤字経営は深いところからつかまなければいけないと、当時から思い続けてきた角度なのです。

 もちろん根本には国の責任があります。同時に、JR北海道の経営責任を考えたときに、これまでの検証も必要だと思います。まずは当面、路線廃止を食い止めるための緊急策や道民の世論形成を急ぎたい。

 「つどい」では、入党すると話されていた方もいました。後で申込書を書いてもらうはずですが、嬉しいですね。明日は浦河町まで行きます。

 【今日の句】安全を 守る誇りを 知ったから