2018年8月11日土曜日

政治の根本がゆがんでる

 今日はブルーのシャツで沖縄県民大会に連帯! 札幌南区で千葉なおこ市議予定候補と3ヵ所での「つどい」にまわりました。
 
 報道で知るのみですが、7万人が集まる熱気あふれる集まりになったようです。亡くなられた翁長知事の席が用意されていたのを見ると、グッと胸に迫るものがありました。遺志を継いで辺野古に基地をつくらせないために、北海道でも連帯と支援を強めたい。

 「つどい」でも、さまざまな意見が活発に出されました。野党共闘、年金や介護、働き方、子育て、政党助成金、日本共産党の独自の役割とは‥‥時間が足りないほど、次から次へと安倍政権を変えたいとの思いが語られました。

 ある女性の方が「高齢化だって少子化だって、人口統計を取っているんだから昔からわかっていたはず。今まで政治家は何をしてきたの」と話されたことは心に響きました。大型公共事業や軍事費に莫大な予算を注ぎ込み、くらしを支えることを後回しにしてきた自民党政権の責任は大きいと私も応えました。

 いや、「支える」ではないんです。憲法には基本的人権を尊重することや、社会福祉などを国の責任でおこなうことが明記されています。このとおりに政治を進めていれば、どれだけ今の日本はくらしやすくなっていたことか。根本がゆがんでいるのだと、ふと気がつきました。

 そう考えると、ゆがんだ根本によって大きく苦しめられているのが沖縄なんだとも気がつきます。いったい安倍政権は、どこを向いているのか!

 【今日の句】団結の 強さを政府 思い知れ

0 件のコメント:

コメントを投稿